近刊検索 デルタ

2020年2月15日発売

白山書房

そのまた向こうの山と空

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
少年はいつも山の向こうをのぞみながら旅立つ日を待っていた。やがて、目の前の山を登り、その先の山々を巡り歩き、数年がかりで外国を彷徨う。老いてからは心の最果てを探るべくカイラス巡礼をする。だが、夢見る山はいつも遠い。その先がある。だれもいない山で、だれかに「おーい」と呼びかける。あの山の向こうには何があるのだろうか。
著者略歴
細田 弘(ホソダ ヒロシ hosoda hiroshi)
1946年生れ。高校の頃より登山を始め、卒業と同時に秀峰登高会に入会。奥多摩のつづら岩での宙吊り事故を契機に単独行に移行する。 1974年10月~1975年年7月に中央アジア、中東、西アジア、インド等を放浪する。 1977年5月~1980年10月に北米を皮切りに中南米、欧州、アフリカなど世界七大陸14国を放浪する。 51歳から山旅登山を再開して現在に至る。 著書に『山に入る日』(白山書房)、『夢想の峯々』(幻冬舎ルネッサンス)がある。 埼玉県飯能市在住。
タイトルヨミ
カナ:ソノマタムコウノヤマトソラ
ローマ字:sonomatamukounoyamatosora

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

白山書房の既刊から
山の本編集部/編集
山の本編集部/編集
中谷寳悦郎/著
本日のピックアップ
大蔵財務協会:大竹泰彦 小宮英一 
明石書店:文部科学省 
共立出版:篠塚一也 
信山社出版:遠山純弘 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。