近刊検索 デルタ

2021年6月11日発売

緑書房

はじめてのウサギの画像診断

ひと目でわかる検査・読影の基本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ウサギに特化した唯一の画像診断専門書!

臨床獣医師がおさえておきたいウサギの画像診断の基礎知識と検査のノウハウを、
700点以上の画像・イラストとともにわかりやすく解説。
ウサギを診るのが初めての方から、今までのやり方を見直したい方まで、幅広く活用できる一冊。

【本書のポイント】
●獣医学雑誌『伴侶動物画像診断』の人気連載を大幅に加筆・修正し、単行本化。
 イラスト・写真も多数追加し、連載時より約100ページボリュームアップ。
●解剖・生理の基本的な知識を、犬や猫との違いも含めてわかりやすく解説。
●画像の正常・異常を評価するポイントについて詳しく解説。
●疾患ごとに、病態などの基本情報と治療法を掲載。
●安全な保定法や、X線検査の撮影方法、超音波検査のプローブの動かし方など、日常の検査に必須の技術も丁寧に解説。
目次
付録
正常なウサギのX線画像

Chapter1 ウサギの画像検査の基本
Introduction 画像検査をはじめる前に
1 X線検査 撮影法
 検査の準備・撮影条件
 頭部のX線撮影
 胸腹部のX線撮影
 四肢のX線撮影
 X線検査の使いどころ
 腹部造影X 線検査
 Column ウサギに用いる鎮静剤
2 超音波検査 走査法
 検査の準備
 保定法
 スクリーニング走査の流れと注意点
 超音波検査の使いどころ
3 CT・MRI検査の実際
 CT検査
 MRI検査

Chapter2 頭部
1 歯科疾患
 はじめに
 解剖・生理
 正常像
 不正咬合
 歯科疾患に関連した疾患
 Point 画像検査のポイント
2 頭部の骨折、腫瘍
 はじめに
 解剖と正常像
 上顎骨骨折
 下顎骨骨折
 頭部(口腔内)の腫瘍性疾患
 その他の顎口腔系の非歯科疾患
 Point 画像検査のポイント
3 耳道内疾患
 はじめに
 解剖と正常像
 耳根部や鼓室胞の膿瘍
 Point 画像検査のポイント
4 鼻腔・副鼻腔内疾患
 はじめに
 解剖・生理と正常像
 画像検査の使いどころ
 鼻炎・副鼻腔炎
 膿瘍
 歯科疾患による鼻道閉塞
 腫瘍
 異物
 Point 画像検査のポイント

Chapter3 胸部
1 肺・前縦隔・食道疾患
 はじめに
 解剖・正常像
 画像検査の使いどころ
 肺炎、気管・気管支炎、肺膿瘍
 肺腫瘍
 前胸部腫瘤(胸腺腫、リンパ腫)
 横隔膜ヘルニア
 巨大食道症
 Point 画像検査のポイント
2 循環器疾患
 はじめに
 解剖・生理
 正常像と評価法
 うっ血性心不全
 心嚢水貯留
 心筋症
 先天性心疾患
 動脈硬化症
 Point 画像検査のポイント

Chapter4 腹部
1 消化管疾患、腹腔内膿瘍
 解剖と正常像
 画像検査の使いどころ
 食滞
 糞塊による消化管閉塞
 急性胃拡張
 腹腔内膿瘍
 Point 画像検査のポイント

2 肝臓疾患
 はじめに
 解剖・生理
 正常像
 ステロイド性肝炎および肝リピドーシス
 細菌性肝炎
 肝葉捻転
 肝臓腫瘍
 Point 画像検査のポイント

3 泌尿器疾患
 はじめに
 解剖・生理と正常像
 尿路結石症
 腎不全
 腎嚢胞
 泌尿器における腫瘍性疾患
 Point 画像検査のポイント

4 生殖器疾患
 はじめに
 解剖・生理
 正常像
 子宮疾患
 卵巣疾患
 妊娠診断
 精巣疾患
 Point 画像検査のポイント

Chapter5 骨格
1 骨・整形疾患
 はじめに
 解剖・正常像
 骨折
 腫瘍
 変形性脊椎症、変形性関節症/先天性脊柱変形症
 開張脚
 ソアホック、膿瘍による骨融解
 外傷性の関節脱臼・亜脱臼
 Point 画像検査のポイント
著者略歴
中田 真琴(ナカタ マコト nakata makoto)
【著者】中田 真琴 みわエキゾチック動物病院 副院長、Vision Vets Group(VVG)Lab主任研究員。博士(獣医学)。 2003年日本大学生物資源科学部獣医学科卒業後、2003~2006年同大学動物病院(ANMEC)にて有給研修医として勤務。2010年同大学大学院獣医学研究科にて博士課程修了。2010年より、みわエキゾチック動物病院に勤務。2012年から現在まで、日本大学にてエキゾチックアニマル学の講義を担当。2016~2020年みわエキゾチック動物病院で非常勤勤務医を継続しながら、帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科にて動物看護師の教育に携わる。2020年より現職。エキゾチック動物の診療に日々奮闘中。
三輪 恭嗣(ミワ ヤスツグ miwa yasutsugu)
【監修者】三輪 恭嗣 みわエキゾチック動物病院 院長、東京大学附属動物医療センター エキゾチック動物診療科責任者、日本獣医エキゾチック動物学会会長、Vision Vets Group(VVG)Labエキゾチック動物専門臨床長。博士(獣医学)。 2000年宮崎大学農学部獣医学科卒業後、2000~2002年東京大学附属動物医療センター外科研究生および外科研究員、2002~2004年同センターエキゾチック動物専門研究員を経て、2005年より同センターエキゾチック動物診療科教員。2006年みわエキゾチック動物病院を開院。2011年東京大学大学院農学生命科学研究科にて博士号取得。さまざまなエキゾチック動物の診療に従事するとともに、その診療知識の普及に努める。
坂大 智洋(バンダイ トモヒロ bandai tomohiro)
【監修者】坂大 智洋 新潟動物画像診断センター 代表取締役、日本大学生物資源科学部獣医学科 獣医放射線学研究室 研究生。獣医師。 2002年日本大学生物資源科学部獣医学科卒業後、2002~2004年同大学動物病院(ANMEC)にて有給研修医として勤務。2004~2007年新潟県内の動物病院に勤務。2007~2009年日本大学動物病院にて、MRI/CT/ライナックオペレーターに従事。2009~2012年日本動物高度医療センター放射線科に勤務。2012年新潟動物画像診断センターを開院。2007年第一種放射線取扱主任者、2018年日本獣医画像診断学会検定医を取得。出身地の新潟で、犬・猫のX線、CT、MRIの画像診断、放射線治療の2次診療に携わる。
タイトルヨミ
カナ:ハジメテノウサギノガゾウシンダン
ローマ字:hajimetenousaginogazoushindan

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

緑書房の既刊から
橋本善春/編集・翻訳 ChristophMulling/編集 ChristianePfarrer/編集 ほか
中田真琴/著 三輪恭嗣/監修 坂大智洋/監修
長谷川克/著 森本元/監修
押田敏雄/著・編集 一般社団法人日本ジビエ振興協会/著
原田佳代子/著 上地正実/監修
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。