近刊検索 デルタ

2022年9月29日発売

緑書房

出版社名ヨミ:ミドリショボウ

フローチャートでわかる犬と猫の血液検査・生化学検査

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日常的に行う検査を中心に取り上げ、鑑別の根拠となる異常所見・検査値について、
フローチャートや表を用いてコンパクトに解説した実践的なガイドブック。

血液検査、血液化学検査、尿検査、貯留液の性状検査といった日常的に行う検査に絞って掲載。得られた検査結果をどのように解釈し、診断および治療を進めるべきかが、フローチャートを辿ることで、一目でわかる。臨床獣医師はもちろん、臨床経験の浅い獣医師、スキルアップを目指す動物看護師にもおすすめの一冊。

【本書の特長】
●フローチャートや表で情報を簡潔にまとめてあるので、臨床現場で活用しやすい。
●血液検査、血液化学検査などの基礎的な検査所見と、導かれる鑑別疾患や診断方法、治療の進め方を解説。
●血液塗抹標本などの検査所見も掲載。
目次
1.血液学
血液検体に用いる添加剤
血液塗抹標本検査
CBCの解釈
貧血
赤血球増加
白血球像の変化
白血球の異常
リンパ系器官・脾臓の異常

2.止血
診断手法
診断アプローチ
止血の変化

3.輸血療法 輸血・血液製剤
ドナーの選択
血液型
適合性試験
血液製剤
輸血の実際
輸血反応

4.電解質異常
カリウム
ナトリウム
クロール
カルシウム
リン
マグネシウム

5.酸塩基平衡異常
アシドーシス:病因・治療
アルカローシス:病因・治療
血液ガス分析の正常値と酸塩基パラメーター
初期の酸塩基異常に対して予想される代償性反応

6.血清生化学・尿検査の異常
腎疾患
肝疾患
消化器疾患
膵疾患
グルコース異常
脂質異常
血漿蛋白の異常
クレアチニンキナーゼ

7.貯留液
体液分析
関節疾患
著者略歴
Ignacio López Villalba(イグナシオロペスビジャルバ igunashioropesubijaruba)
Ignacio López Villalba 2002年、スペイン・コルドバ大学でPhD(獣医学)を取得。2003年よりコルドバ大学の獣医学教育病院で臨床に従事し、現在は小動物内科サービスの責任者を務める。コルドバ大学獣医学部教授。
Ignacio Mesa Sánchez(イグナシオメササンチェス igunashiomesasanchesu)
Ignacio Mesa Sánchez 2008年にコルドバ大学で学位(獣医学)を取得。2009年には動物の医学、健康、改善に関する修士号を取得。現在はバレンシア・スル病院の内科部門で診療を行い、同病院の動物用血液バンクの臨床責任者を務める。
根尾 櫻子(ネオ サクラコ neo sakurako)
根尾 櫻子 麻布大学獣医学部臨床診断学研究室顧問。獣医師、博士(獣医学)、米国獣医臨床病理専門医。2005年麻布大学大学院獣医学研究科課程修了。2008年 University of Pennsylvania;Veterinary Clinical Pathology レジデントコース修了後、麻布大学助教を経て、2018年から現職。麻布大学附属動物病院で血液、骨髄、細胞診の評価に従事し、近年は大学外からの検査も受託している。研究テーマは赤血球、血小板、細胞診、臨床検査、肝臓。
川西 諒(カワニシ リョウ kawanishi ryou)
川西 諒 獣医師。1991年秋田県生まれ。2016年に帯広畜産大学畜産学部獣医学課程を卒業後、長野県(上田食肉衛生検査所)で食品衛生業務に従事。2018年から株式会社緑書房にて、編集業務に携わる。2021年よりフリーの編集スタッフとして、育児・家事の傍ら、獣医学系の専門書や自然科学系の一般書などの制作に携わっている。
タイトルヨミ
カナ:フローチャートデワカルイヌトネコノケツエキケンサセイカガクケンサ
ローマ字:furoochaatodewakaruinutonekonoketsuekikensaseikagakukensa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
泣くな、わが子よ
ノーベル賞候補であり続ける文学者の代表作

-- 広告 -- AD --

緑書房の既刊から
ジビエふじこ/著
志賀健司/著 江田真毅/監修 小林快次/監修
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
講談社:鈴木ゴータ 
小学館:堂場瞬一 
講談社:西條奈加 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。