近刊検索 デルタ

2022年9月1日発売

光村教育図書

出版社名ヨミ:ミツムラキョウイクトショ

びんに いれてごらん

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
うさぎのルウェリンは、集めることが大好き。きんぽうげの花、ハート型の石、虹や波の音までも集め、びんに入れました。ふたを開けると、楽しい思い出がよみがえるのです。そんなある日、親友のエブリンが引っ越してしまい…。友だちとの思い出はいつまでも色あせず、思い返すたびに心を励ましてくれるもの。読後、温かい気持ち、そしてちょっぴり切なくなるストーリーです。すみずみまで描きこまれた彩り豊かなイラストが美しく、何度開いても飽きません。
著者略歴
デボラ・マルセロ(デボラマルセロ deboramarusero)
アメリカの絵本作家。ミシガン大学でデッサン、写真、版画を学んだ後、シカゴ芸術大学で詩を学び、修士号を取得。その後、シカゴで教師を務め子どもたちと関わるうちに、子どもの本の作家になることを決意したという。ミシガン州在住。
なかがわ ちひろ(ナカガワチヒロ nakagawachihiro)
子どものための本の作家、翻訳家。『かりんちゃんと十五人のおひなさま』(偕成社)で野間児童文芸賞を受賞。創作絵本に「おたすけこびと」シリーズ(徳間書店)、翻訳絵本に『せかいで いちばん つよい国』(光村教育図書)など。
タイトルヨミ
カナ:ビンニイレテゴラン
ローマ字:binniiretegoran

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
止められるか俺たちを 暴走族写真集
日本には暴走族がいる

-- 広告 -- AD --

光村教育図書の既刊から
デボラ・マルセロ/著・イラスト なかがわちひろ/翻訳
デボラ・マルセロ/著・イラスト なかがわちひろ/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
株式会社 世界文化社:ズラータ・イバシュコワ 
論創社:入吉弘幸 
主婦と生活社:椎隆子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。