近刊検索 デルタ

12月19日発売予定

労働新聞社

あなたの会社に「ドラマクイーン」はいませんか? -残念な管理職への対処法-

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は、ドラマクイーン、ナルシスト、ブレイマーなど、異常な言動をとる「残念な管理職」(その行動の多くは、パワハラに該当する可能性があります)の特徴を概観し、部下としての対処法を解説します。共著者の一人である特定社会保険労務士の鈴木氏が「残念な管理職」の実態分析と対応策を整理し、産業医として数多くの会社の現場を見てきた精神科医(医学博士)の長谷川氏が、異常な言動をとる管理職について、精神医学的な視点から分析を行っています。
目次
第1章 ドラマクイーンとは何か?
(1) ドラマクイーンとは何か?
(2) ドラマクイーン以外の「残念な管理職」
(3) パワーハラスメント
(4) なぜ、ビジネスの世界で異常な言動を取る管理職が多いのか?
第2章 「残念な管理職」への対処法(その1-自己解決または社内のリソースを利用)
(1) 日々の対処法
(2) 「残念な管理職」の上司に相談する
(3) 人事部に相談する
(4) 産業医に相談する
(5) 労働組合に相談する
(6) 内部通報制度(Whistle blowing)
(7) 自ら、行動する
第3章 「残念な管理職」への対処法(その2-社外のリソースを利用)
(1) 準備行為
(2) 自分で会社に要求する
(3) 社外の紛争解決手続きの利用
(4) ADR(裁判外紛争解決手続き)
(5) 司法手続き(民事訴訟)
第4章 異常な言動の管理職のパーソナリティー障害や精神疾患との関連性
(1) 異常な言動の管理職に潜む、パーソナリティー障害と精神疾患の可能性
(2) パーソナリティー障害と精神疾患
著者略歴
鈴木 孝嗣(スズキ タカツグ suzuki takatsugu)
長谷川 崇(ハセガワ タカシ hasegawa takashi)
タイトルヨミ
カナ:アナタノカイシャニドラマクイーンハイマセンカ ザンネンナカンリショクヘノタイショホウ
ローマ字:anatanokaishanidoramakuiinhaimasenka zannennakanrishokuhenotaishohou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
第一法規:板垣勝彦 
技術評論社:きたみりゅうじ 
シーエムシー出版:工藤宏人 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。