近刊検索 デルタ

2021年4月19日発売

アニモ出版

図解でわかるDX いちばん最初に読む本

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
 「DX」(Digital transformation デジタルトランスフォーメーション:英語圏ではtransをXと略記)とは、デジタル技術を活用してビジネスや生活の質を高めることをいいます。たとえば、単に業務をIT化するといったレベルではなく、企業全体をデジタル技術が活用できるように“変革”していくことがDXです。
 本書は、DXとは何か、IT化との違いは、といった基礎知識から、デジタル技術の活用法、DX戦略の立て方・組織のつくり方、そしてDX人材の開発・育成法まで、わかりやすい図解を交えながら実践的に解説。「最近、DXという言葉をよく聞くけど、いったいどういう意味なの?」というデジタルに疎いアナログ人間にも、「具体的にどんなことをすればいいの?」と手っ取り早く実用知識を知りたいという中小企業の経営者や管理職、担当者などにも、やさしく理解できて役に立つDX入門書の決定版です!
著者略歴
神谷 俊彦(カミヤ トシヒコ kamiya toshihiko)
タイトルヨミ
カナ:ズカイデワカルディーエックス イチバンサイショニヨムホン
ローマ字:zukaidewakarudiiekkusu ichibansaishoniyomuhon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
みらいパブリッシング:北山建穂 
文藝春秋:堂場瞬一 
廣済堂出版:紺野ぶるま 
講談社:はっとりひろき 
幻冬舎:小林由香 
講談社:谷口雅美 あわい 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。