近刊検索 デルタ

2020年12月5日発売

インターメディカ

Quality Indicator 2020 [医療の質]を測り改善する

聖路加国際病院の先端的試み
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
聖路加国際病院の16年間にわたる診療の質指標(Quality Indicator:QI)の経年変化、その間に行われた改善の試みがこの一冊に!!

病院で提供される「医療の質」を表すQuality Indicator(QI)。
近年、国レベルでの変化・発展が続いており、厚生労働省は、全国の病院を視野にQIの測定・質改善を促すための委託事業に着手しています。
本書は、QIの測定・公表の先駆者たる聖路加国際病院における2004年から2019年までの16年間にわたるQIの経年変化、その間に行われた改善の試みを記した書籍の最新版です。
「医療の質」改善を目指す病院にとって手引きとなる一冊です。
目次
第1章 医療の質とEBM、Quality Indicator
第2章 聖路加国際病院におけるQI 測定・公表の経緯・手順と「改善」
第3章 Quality Indicator 選定基準、質改善と患者安全のための方略
第4章 国際的な看護の質評価(Magnet RecognitionR)
第5章 患者経験・患者報告アウトカム結果による質改善
第6章 病院全体
第7章 報告・記録
第8章 看護
第9章 検査・薬剤
第10章 手術・処置
第11章 生活習慣
第12章 脳・神経
第13章 心血管
第14章 感染管理
著者略歴
福井 次矢(フクイ ツグヤ fukui tsuguya)
嶋田 元(シマダ ゲン shimada gen)
聖路加国際病院QI委員会(セイロカコクサイビョウインキューアイイインカイ seirokakokusaibyouinkyuuaiiinkai)
タイトルヨミ
カナ:クオリティインジケーターニセンニジュウイリョウノシツヲハカリカイゼンスル
ローマ字:kuoritiinjikeetaanisennijuuiryounoshitsuohakarikaizensuru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

インターメディカの既刊から
福井次矢/監修 嶋田元/監修 聖路加国際病院QI委員会/編集
浦部晶夫/著
林泰史/著・編集 中江暁也/著・編集
守田美奈子/監修 川上潤子/監修
鈴木康之/監修 舟橋満寿子/監修 八代博子/著・編集
嶋田 元 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
共栄書房:宮田一郎 
日本実業出版社:谷厚志 
KADOKAWA:堂場瞬一 
KADOKAWA:横関俊材 
新潮社:パトリック・スヴェンソン 大沢章子 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。