近刊検索 デルタ

2020年1月20日発売

インスクリプト

社会的なものの発明

政治的熱情の凋落をめぐる試論
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
フーコー統治性の主題系と直結する必読書



統治テクノロジーの相関物として発明された「社会的なもの」─本書は、この問題に関するフーコーの基幹テクストの不在を埋めた最重要レファレンスです。国家における、社会的なもの、政治的なもの、経済的なものの相関配置を、イデオロギーとは違う次元で冷徹に分析、すでに福祉国家の系譜学の古典であるとともに、左右両陣営の政治的境界が溶解した危機の時代に必読のアクチュアルな名著。「社会の動員」(仏語オリジナル版、1982)を併録。
目次
社会の動員─本篇の序に代えて(一九八二)



Ⅰ 福祉国家とは、なににたいする解決策なのか

Ⅱ 福祉国家はどの程度まで危機にあるのか

Ⅲ 今日の国家には、いかなる役割があるのか





社会的なものの発明─政治的熱情の凋落をめぐる試論(一九八四)



第一章 社会問題

Ⅰ 主権の隘路

Ⅱ 権利の断裂

Ⅲ 社会の空隙



第二章 連帯の発明

Ⅰ エミール・デュルケム

Ⅱ レオン・デュギーとモーリス・オーリウ

Ⅲ レオン・ブルジョワ



第三章 社会的なものの向上

Ⅰ 社会法

Ⅱ 社会的なものと経済的なものの分離

Ⅲ 福祉国家にむけて



第四章 社会の動員

Ⅰ 生を変える

Ⅱ 社会を変える

Ⅲ 社会的なものの自律化

Ⅳ 政治における危機状況



原註

訳註

解説 ドンズロの問いをひらくために─訳者解説に代えて
著者略歴
ジャック・ドンズロ(ジャックドンズロ jakkudonzuro)
タイトルヨミ
カナ:シャカイテキナモノノハツメイ
ローマ字:shakaitekinamononohatsumei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

インスクリプトの既刊から
ジャック・ドンズロ/著
ジョ・ヨンイル/著
エドゥアール・グリッサン/著
中谷礼仁/著
ジュール・ヴェルヌ/著 新島進/翻訳
本日のピックアップ
テクノシステム:IoT・AI利活用編集委員会 芦澤剛 網嶋武 安藤英幸 伊藤一夫 ほか
大蔵財務協会:大林督 
北大路書房:大串健吾 桑野園子 難波精一郎 小川容子 谷口高士 中島祥好 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。