近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本最古の歌集『万葉集』に、筑波山の歌は25首詠まれている。それは、奈良の都のあった大和三山や、富士山など、どの山よりも多い。
しかし、これまで筑波山の歌の解釈は、充分に尽くされてこなかった。筑波山の麓に生まれ、育った郷土史家の著者が、長年の研究を基に、地元ならではの視点を加え独自の解釈を試みた。
目次
『万葉集の筑波山』に寄せて 門脇 厚司(筑波大学名誉教授)
はじめに
第1章 筑波山における祭祀の歌(5首)
第2章 高橋虫麻呂の歌(5首)
第3章 遠妻を思う歌(2首)
第4章 防人の歌(2首)
第5章 筑波山を衣と見た歌(2首)
第6章 さまざまな恋の歌(6首)
第7章 嬥歌の歌(3首)
第8章  民謡としての東歌の世界
あとがき
著者略歴
井坂 敦実(イサカ アツミ isaka atsumi)
1944年茨城県つくば市北条生まれ 東北大学院文学部研究科(哲学)博士課程中途退学。 平沢官衙遺跡(国指定史跡)、日向廃寺跡遺跡などの保存活動に貢献。 筑波山信仰圏の観点から万葉集、筑波山信仰などの研究を続けてきた。
タイトルヨミ
カナ:マンヨウシュウノツクバサン
ローマ字:manyoushuunotsukubasan

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

結エディットの既刊から
井坂敦実/著
温井達也/著 プレイスメイキング研究所まち育て事業部/著
もうすぐ発売(1週間以内)
集英社:堂場瞬一 
えにし書房:マーガレット・マクミラン 真壁広道 
玄光社:CMNOW編集部 大塚素久(SYASYA) 
講談社:藤本ひとみ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。