近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
あるひとりの感受性豊かな中国人の少女が、後に五輪チャンピオンとなる男性に出会い、結婚をして共に海を越えて日本にやってきた。
異国の地に移り住み、帰化するまでの生活と心の葛藤など、波乱万丈の人生を二部構成で綴った珠玉の回想記。
前半は日本語、後半は中国語表記で構成。
目次
上編 熊本10年
その1 遅れた飛行機~旅立ち
その2 日本語学校に通う
その3 自動車学校
その4 お母さんになった
その5 韋+石=偉関
その6 ハッピーバースディ
その7 鬼の子になってしまった
その8 全日本混合ダブルス優勝
その9 くまもと未来国体
その10 スポーツには国境なし
その11 廃墟での再生
その12 さよなら、熊本
「熊本10年」後記 人生どこにも花香る

下編 往事如煙
その13 「好婆」のぬくもり
その14 ピンポンキッズ
その15 青色のマニキュア
その16 友人から恋人へ
その17 誠実であること
その18 天国と地獄
その19 夢の中の青い鳥
その20 未来の地球人へ
あとがきISEKI TTL10年
著者略歴
偉関 絹子(イセキ キヌコ iseki kinuko)
1965年10月31日生まれ、中国・広西桂林出身。中国名:石小娟。上海華東理工大学卒業。日本スポーツ協会公認コーチ。  12歳から広西卓球チームに所属し、そこで偉関晴光(中国名:韋晴光)と知り合い、1988年に結婚。夫が日本の実業団と契約を結んだのを機に来日し、1993年に息子・展嘉を出産、1997年に日本国籍を取得。1998年の平成10年度全日本選手権では混合複で優勝を果たす。  2002年に上京、2009年に偉関TTLを開業。現在も多くの子どもたちを指導し、2018年全日本選手権男子カブの部、2019年全日本クラブ選手権(男子小・中学生の部)では監督として選手・チームを優勝に導いた。    月刊「卓球王国」でビギナー向け技術連載『よーいドン! 卓球』を監修。
タイトルヨミ
カナ:エッカイキュウジョウ
ローマ字:ekkaikyuujou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

卓球王国の既刊から
偉関絹子/著
伊藤条太/企画 阿部有軌/イラスト アメハシ/イラスト
伊藤条太/企画 阿部有軌/イラスト アメハシ/イラスト
卓球王国/著 偉関絹子/監修
偉関 絹子 最近の著作
本日のピックアップ
ミネルヴァ書房:関口慶太 竹内彰志 金子春菜 
コロナ社:河口信夫 高田広章 佐藤健哉 倉地亮 佐藤雅明 ほか
北大路書房:コーシン・ペイリー・エリソン マット・ワインガスト 小森康永 栗原幸江 ほか
技術評論社:リンクアップ著小川ひとみ監修 
アトリエサード:アトリエサード 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。