近刊検索 デルタ

8月16日発売予定

イタリア語検定協会

実用イタリア語検定 2022 1・2・準2級 〔問題・解説〕 CD付

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
実用イタリア語検定は、日本国内の機関が主催し全国的に実施する唯一のイタリア語検定試験として、国内はもとよりイタリアにおいても広く認知されています。1995年より毎年春と秋に試験を開催。2022年春には、初めてオンライン(IBT)での試験を実施しました。本問題集は、2021年秋(第53回、1・2・準2級)、2022年春(第54回IBT、準2級)で実際に行われた試験問題を収載。また、問題文の対訳と解答に加えて、文法問題に関しては、多くの方々に好評をいただいている詳しい解説がついています。リスニング・テストの音源に関しては、CDが付属されていますが、本書に記載のURLからMP3形式をダウンロードできる仕様となっており、スマートフォンでの利用も可能となっています。本検定の合格を目指す受験者の方々にとって、なくてはならない一冊です。
目次
・まえがき
・検定実施概要
・志願者の推移/合格者・合格率
・この本の使い方

◆1級
・2021年秋季(第53回)検定/問題
・二次試験出題テーマ
・2021年秋季(第53回)検定/解答と解説・音源ダウンロードURL

◆2級
・2021年秋季(第53回)検定/問題
・二次試験出題テーマ
・2021年秋季(第53回)検定/解答と解説・音源ダウンロードURL

◆準2級
・2021年秋季(第53回)検定/問題
・2021年秋季(第53回)検定/解答と解説・音源ダウンロードURL
・2022年春季(第54回)検定IBT/問題
・2022年春季(第54回)検定IBT/解答と解説・音源ダウンロードURL
著者略歴
NPOイタリア語検定協会(イタリアゴケンテイキョウカイ itariagokenteikyoukai)
本検定試験は、日本国内の機関が主催し全国的に実施する唯一のイタリア語検定試験として、国内はもとよりイタリアにおいても広く認知されてきています。大学で検定取得の奨励がなされたり、専門学校の卒業単位と位置づけたり、イタリアの専門学校では日本人のイタリア語能力の証明としても用いられるようになってきました。就職における能力証明にも使われています。
タイトルヨミ
カナ:ジツヨウイタリアゴケンテイニセンニジュウニ イチ ニ ジュンニキュウ
ローマ字:jitsuyouitariagokenteinisennijuuni ichi ni junnikyuu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
経団連出版:楠山精彦 和田まり子 NPO法人キャリアスイッチ 
河合出版:河合塾数学科 
ポプラ社:塚本やすし 
河出書房新社:米本浩二 
SBクリエイティブ:千羽十訊 ミュシャ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。