近刊検索 デルタ

2021年7月26日発売

三重大学出版会

ドイツの庇護権と難民問題

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2015 年の難民危機に際してメルケル首相が表明したシリア難民の受け入れ。
その背景には「庇護権」という憲法上の権利があった。
「政治的に迫害された者は、庇護権を享受する」―ドイツ憲法のこの短い条文は、大量の難民をうみだしたナチスドイツの迫害政策に対する反省から生まれ、戦後ドイツの難民に対する寛容さを体現していると語られてきた。
しかし、それだけで「庇護権」を説明することができるのだろうか。
語られてこなかったもうひとつの物語=歴史に迫る。
目次
本書における「ドイツ」について
第一章 ドイツ連邦共和国基本法の庇護権はいかに生まれたか
第二章 庇護権について
第三章 両義的な庇護権としてー基本法制定過程の再検討ー
第四章 外国人の権利へー初期連邦議会における議論の分析ー
結 章 庇護権あるいはドイツの両義性ー欧州難民と庇護権ー
あとがき
著者略歴
安齋 耀太(アンザイ ヨウタ anzai youta)
1990年 東京都葛飾区生まれ。千葉県我孫子市育ち。 2014年 筑波大学社会・国際学群社会学類社会学主専攻卒業。 2016年 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース修士課程修了。 2021年 同博士課程単位取得後満期退学。現在、特定非営利活動法人WELgee理事。 専攻:社会学(法社会学・国際社会学)難民研究。
タイトルヨミ
カナ:ドイツノヒゴケントナンミンモンダイ
ローマ字:doitsunohigokentonanminmondai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
集英社:深緑野分 
鳥影社:山上一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。