近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「俺はジーザスは大好きだが、キリスト教は大キライだ!」
そう公言してやまない型破りな牧師アーサー・ホーランドは、朝鮮戦争のさなか、アメリカ人の父と日本人の母のもと、大阪西成で生まれる。 そんな師が、独自の活動として2012年から重さ数十キロもの十字架を担ぎ、歩き、祈り続ける行脚を20年振りに再び始めた。その旅は、日本のみならず 世界に広がり、続いていく。
なんのために? なにを求め、なにを伝えるために?
日 本 縦 断 最 終 エ リ ア の 北 海 道( 2012年 )、 ア メ リ カ 横 断(2014 ~ 2015年 )、 そ し て 韓 国 縦断(2017年 )。 師のルーツともいえる3ヶ国の行進を 、彼自身の言葉と、その道程を共に歩き、風景ごと鮮烈に切り取った河合豊彦の写真により構成。さらに各国の「言葉と写真」のあとに、「書き下ろしメッセージ」をそれぞれ収めます。
この本とともにあなたもアーサー・ホーランド牧師と一緒に光に向かい歩み続けてください。
YOU ARE LOVED!
著者略歴
アーサー・ホーランド(アーサー ホーランド)
1951年アメリカ人の父と日本人の母との間に大阪市西成区で生まれ育つ。 異彩を放つ全身TATOOを彫り込んだ”不良牧師”。 インターナショナルスクール卒業後、渡米。全米レスリング(サンボ)選手権チャンピオン2回。パンアメリカン大会銀メダル。全米柔道選手権大会3位。23歳で洗礼を受ける。首の骨を損傷し現役を引退。 1982年から伝道活動の拠点を日本に移し、路傍伝道、日本列島縦断十字架行進などを行うほか、「ミッションバラバ」の創設、バイクミッションでの活動を行っている。 現在アーサー・ホーランド・ミニストリー主幹。多方面に及ぶモチベーター、講演者として、企業、学校、団体において活動。 ユーモア溢れるトークと熱い生き様は、「価値ある人生」の再発見を与えるきっかけとして多くの聴衆を魅了している。 公式サイト:http://arthur-hollands.com フェイスブック: http://www.facebook.com/arthurhollands
河合豊彦(カワイトヨヒコ)
1981年長野県生まれ。 2012年沖縄で20年ぶりに復活したアーサー牧師による日本列島十字架行進に、平和記念公園から辺戸岬まで同行。 その後、同年夏から秋にかけゴールの地である北海道、2015年アメリカ横断の後半、そして2017年夏の韓国縦断に参加。その道中をスチルカメラで記録した。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。