近刊検索 デルタ

2020年10月28日発売

集広舎

ナクツァン

あるチベット人少年の真実の物語
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
激動のチベットを生き抜いた少年のこれは喜びと悲しみに満ちた真実の物語である。
目次
第1章 人が経験する喜び、悲しみ、苦しみ ── 前世の業の結果
第2章 人生における喜びや悲しみは、レイヨウの角の節のようなものである ── 幼少時代の喜びと悲しみについて
第3章 ジョウォの御尊顔を拝する ── 良縁によって与えられた祝福
第4章 地の果てをさまよう悲しみ ── 大きな変化の時期にあっては、どうしようもない
第5章 悲惨な孤児の暮らし ── 運命は思い通りには進まない
本書を書いたことについて(著者によるあとがき)

解説 「アムドにおける叛乱の記録」 阿部治平
訳者解説、訳者あとがき、参考文献
著者略歴
ナクツァン・ヌロ(ナクツァン ヌロ nakutsan nuro)
ナクツァン・ヌロ(Naktsang Nuro / 納倉・怒羅) 1948年チュカマ(現中国甘粛省甘南チベット族自治州瑪曲県斉哈瑪)生まれ。1964年玉樹州民族師範学校卒業。チュマル県人民法院副院長、チュマル県副県長などを歴任。1993年退官。
棚瀬 慈郎(タナセ ジロウ tanase jirou)
1959年愛知県生まれ。1990年京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学。現在滋賀県立大学教授。著書に『インドヒマラヤのチベット世界 ── 「女神の園の民族誌」』(明石書店)、『ダライラマの外交官ドルジーエフ ── チベット仏教世界の20世紀』(岩波書店)、『旅とチベットと僕 ── あるいはシャンバラ国の実在について』(講談社)などがある。
阿部 治平(アベ ジヘイ abe jihei)
1939年長野県生まれ。1962年東京教育大学農学部卒業。高校教員を経て中国で日本語教師生活十数年。著書に『中国地理の散歩』(日中出版)、『黄色い大地、悠久の村 ── 黄土高原生活誌』(青木書店)、『もうひとつのチベット現代史 ── プンツォク・ワンギェルの夢と革命の生涯』(明石書店)、『チベット高原の片隅で』(連合出版)などがある。
タイトルヨミ
カナ:ナクツァン
ローマ字:nakutsan

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

集広舎の既刊から
川畑幸夫/語り 鶴丸哲雄/著
ナクツァン・ヌロ/著 棚瀬慈郎/訳 阿部治平/解説
チベット亡命政権/編・著 亀田浩史/日本語訳 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所/日本語版監修
杉原たく哉/著 武田雅哉/監修 杉原篤子/編
阿部 治平 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:十条アラタ 
PHP研究所:田牧大和 
KADOKAWA:サラブレ編集部 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
フレーベル館:やなせたかし トムス・エンタテインメント 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。