近刊検索 デルタ

2019年12月20日発売

桜井書店

合併の代償

日産全金プリンス労組の闘いの軌跡
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
少数派として闘い・働いた人たちの跡形をとおして、日産という会社のもうひとつの相貌を描く、労働現場からみた日産側面史!
著者の言葉:組織の「物語」は、力を持つ者により一面的につくられてきた。わたしは、本書により「正しい物語」に書き換えた、というつもりはない。しかし、日産という日本有数の大企業を少数派から捉え直すことにより、微力ながらも、閉ざされた組織を社会に開かせるきっかけになり、企業をはじめとする組織を「社会の公器」たらしめる一助になればと思っている。
目次
はじめに
第1章 日産とプリンスの合併:経緯と背景
第2章 合併にともなう問題:異なるナショナルセンター傘下の労働組合
第3章 暴力と差別
第4章 少数派組合の「反撃」:法廷闘争を中心に
第5章 少数派の中の少数派の取り組み:女性組合員の活動
第6章 働く場における「存在感」
第7章 労働戦線の再編成:「連合」の誕生と全金日産支部の再分裂
第8章 全面解決闘争と「和解」
第9章 市場原理に基づく「改革」と2つの労働組合の反応
第10章 「改革」の犠牲者の支援:組織のウチとソトをつなぐ
第11章 会社人間とも独立独歩とも異なるキャリア:「社会」に足場を持つ
終章 最後の組合員
補章 職場をつくる労働組合
おわりに:誰もが「少数派」になりうる時代に
著者略歴
伊原亮司(イハラリョウジ ihararyouji)
一橋大学商学部卒業 一橋大学社会学研究科博士後期課程修了(社会学博士) 現在 岐阜大学地域科学部准教授 主要著作 『トヨタの労働現場:ダイナミズムとコンテクスト』桜井書店、2003年 『私たちはどのように働かされるのか』こぶし書房、2015年 『トヨタと日産にみる〈場〉に生きる力:労働現場の比較分析』桜井書店、2016年 『ムダのカイゼン、カイゼンのムダ:トヨタ生産システムの〈浸透〉と現代社会の〈変容〉』こぶし書房、2017年
タイトルヨミ
カナ:ガッペイノダイショウ
ローマ字:gappeinodaishou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

桜井書店の既刊から
伊原亮司/著
大谷禎之介/編集 前畑憲子/編集 久留間鮫造/著 小西一雄/著 宮田惟史/著

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。