近刊検索 デルタ

2019年10月18日発売

桜井書店

季刊・経済理論 第56巻第3号 生産性の概念を問い直す

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
経済学にとって生産性とは、いつの時代も最重要概念の一つである。生産性は技術進歩・生産力発展を示す指標であり、同時にまた所得分配を規定する要因でもある。生産性の動態をとらえることは、資本主義社会を分析していくに当たり、必須の課題であると言えるだろう。
 しかし、その重要性とは裏腹に、この生産性なる概念を明確に定義し、現実の経済における生産性の実態を把握する作業は、決して容易なものではない。
 そこで社会科学者がなすべき仕事とは何か。それはやはり、生産性なるものの実態とそれを規定するメカニズムに関して、曖昧なままブラックボックスに放り込むのではなく、学術的に慎重な考察と分析を重ね、正確な理解を深めていくことであろう。そこで本特集では、「生産性の概念を問い直す」と題し、生産性を巡る理論面・実証面での最新の研究成果を紹介する。
目次
特集にあたって 薗田竜之介(佐賀大学経済学部准教授)
生産性、技術変化、実質賃金 塩沢由典(大阪市立大学名誉教授)
資本制社会の下での生産性指標の特徴とその動態 橋本貴彦(立命館大学経済学部教授)
生産性指数について 溝渕英之(龍谷大学経済学部准教授)
実験経済学における生産性の分析 小川一仁(関西大学社会学部教授)

『経済学・哲学草稿』第1草稿における国民経済学批判の進展について 菊地 賢(一橋大学大学院)
金融市場におけるクズネッツ・サイクル:国際資本循環としての現代的意義に関する考察 島倉 原(京都大学大学院)・藤井 聡(京都大学教授)
ほか
著者略歴
経済理論学会(ケイザイリロンガッカイ keizairirongakkai)
タイトルヨミ
カナ:キカンケイザイリロンダイゴジュウロクカンダイサンゴウ
ローマ字:kikankeizairirondaigojuurokukandaisangou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

桜井書店の既刊から
伊原亮司/著
大谷禎之介/編集 前畑憲子/編集 久留間鮫造/著 小西一雄/著 宮田惟史/著

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。