近刊検索 デルタ

2019年10月15日発売

堀之内出版

KOKKO 別冊発行号 特集「2019年人事院勧告」

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
人事院勧告、通称「人勧(じんかん)」は、国家公務員の労働基本権制約の「代償措置」として、今年も8月7日に政府・国会に対して出されました。報道では「公務員給与 6年連続増」と報じられましたが、実際に基本給が上がるのは初任~35歳程度の若年層のみで、それ以外は据え置きになりました。月給の平均改定率(賃上げ率)は過去6年で最も小さい0.09%(387円)であり、民間企業の賃上げ機運が行き詰まっていることを明らかにしています。ボーナスは0.05月分の引上げで年間4.5月となりましたが、これもリーマン・ショック以前の2008年の水準まで回復したに過ぎません。
一方で、今年の人勧では、初めて非常勤職員への夏季休暇措置が表明されました。これは国公労連の長年の要求の実現であり、依然として不十分とはいえ、均等待遇をめぐる「情勢」の変化をあらわす、今後につながる成果だと思います。
全体の処遇改善は停滞していますが、ごく限られた範囲ではボトムアップをはかった今年の人勧について、「分析と批判」にて詳述しました。
目次
[特集] 2019年
人事院勧告
2019年人事院勧告の分析と批判 ……………… 005
国公労連 調査政策部
労働組合の声明・談話 ……………… 017
2019年人事院勧告の
取扱い等に関する要求書 ……………… 025
2019年人事院勧告 ……………… 027
人事院勧告関連資料 ……………… 052
新旧俸給月額の対比 ……………… 133
人事院勧告の歴史的変遷 ……………… 172
著者略歴
日本国家公務員労働組合連合会( )
タイトルヨミ
カナ:
ローマ字:

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

堀之内出版の既刊から
井上奈奈/著
ビニ・アダムザック/著 橋本紘樹/翻訳 斎藤幸平/企画・翻訳協力 榎本俊二/イラスト
十和田市現代美術館/編集 小川希/著 金澤韻/著 北澤潤/著 木ノ下智恵子/著 小池一子/著 ほか
POSSE編集部/著
本日のピックアップ
北大路書房:民秋言 安藤和彦 米谷光弘 上月素子 大森弘子 
ミネルヴァ書房:大豆生田啓友 三谷大紀 
ミネルヴァ書房:ミネルヴァ書房編集部 
北大路書房:民秋言 安藤和彦 米谷光弘 中西利恵 大森弘子 長谷雄一 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。