近刊検索 デルタ

2020年2月8日発売

亜璃西社

オホーツク鮭物語

時代に翻弄された網元一家
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
道北・枝幸で鮭定置網漁の草分けとなった、明治期から続く網元・佐賀家。戦後の漁業法改正により、一転して漁業権喪失の危機を迎えた一家は、大洋漁業への漁場貸しに最後の望みを懸けるが――。GHQによる漁業改革によって命運を左右された、網元一家の苦闘を描く異色のドキュメントノベル。
目次
梟の神が自ら歌った謡

 宗谷・枝幸(含む蝦夷地)場所請負の変遷
 近世後期の蝦夷地区分図/佐賀家略系図/凡例

第一章 オホーツクの漁場オカィスマ
 一 佐賀家、遠来の客を迎える─昭和二十二年十二月
 二 フジ未亡人、漁業権返還交渉に臨む─昭和二十三年一月
 三 白線帽に高下駄で城下を闊歩─昭和二十三年四月
 四 生き返ったオカィスマ漁場─昭和二十三年七月
 五 波乱が続いた佐賀家の歴史─昭和二十三年八月

第二章 時代という名の荒波
 一 学制改革の犠牲者、最後の旧制高校生─昭和二十三年秋から翌春
 二 母と息子の対立─昭和二十四年七月
 三 新鋭の発動機船配属される─昭和二十四年八月
 四 名ばかりの新制大学─昭和二十四年九月から十一月
 五 佐賀家にもたらされた新漁業法成立の報─昭和二十四年十二月

第三章 光と影
 一 旧帝大への挑戦を決意─昭和二十五年一月から七月
 二 佐賀家に起きた内紛─昭和二十五年八月
 三 支社長歓迎の宴─昭和二十五年九、十月
 四 形式に過ぎなかった公聴会─昭和二十六年三月
 五 憧れの教養学部へ─昭和二十六年四月から七月
 六 大学生たちで賑わうオカィスマ─昭和二十六年八月

第四章 網元・佐賀家の終焉
 一 不漁に終わった最後の鮭定置網漁─昭和二十六年秋
 二 半世紀に及ぶ漁業権を失う─昭和二十七年年明け
 三 母の手紙に記された悲報─昭和二十七年一月下旬
 四 町会議員団の陳情に同行─昭和二十七年三月
 五 血にそまった宮城前広場─昭和二十七年五月

 あとがき

 主要参考文献等/参考資料
著者略歴
佐賀 郁朗(サガ イクロウ saga ikurou)
1931年(昭和6)北海道生まれ。旧制弘前高校を経て、1956年東京大学農学部卒業。翌年全国農業協同組合中央会に入り、教育部出版課長、教育部長を務め、その後も農協電算機研究センター常務理事、農林放送事業団常務理事を歴任。1954年の日本農民文学会結成に参画し、「農民文学」作家たちを知る。著作に『君臣平田東助論――産業組合を統帥した超然主義官僚政治家』(日本経済評論社、1987)、『受難の昭和農民文学――伊藤永之介と丸山義二、和田伝』(日本経済評論社、2003)、共著に日本農業新聞編『協同組合運動に燃焼した群像』(富民協会、1989)など。
タイトルヨミ
カナ:オホーツクサケモノガタリ
ローマ字:ohootsukusakemonogatari

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

亜璃西社の既刊から
佐賀郁朗/著
磯田憲一/著 田川博規/挿画
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:十条アラタ 
PHP研究所:田牧大和 
KADOKAWA:サラブレ編集部 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。