近刊検索 デルタ

2021年10月4日発売

ジャムハウス

法律のプロが教える脱ハンコの進め方

新しい働き方の教科書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ジャムハウスの「新しい働き方の教科書」シリーズ、第2弾です。

働き方改革推進のための重要なテーマの1つが「脱ハンコ」です。しかし、請求書や見積書といった書類に押印するという作業は、日本の文化に深く根付いたものとなっており、なかなか進められてきませんでした。
しかし、昨今のコロナ禍により、テレワークが推進されている今、押印のためだけに出社しなくてもよくなる「脱ハンコ」の動きが加速してきています。この動きが進めば、コロナ禍が去った後は、「脱ハンコ」が当たり前の社会となってくるでしょう。

本書は、そんなアフターコロナの時代を見据えた、「脱ハンコ」の進め方を解説した書籍です。「脱ハンコ」のメリットとデメリット、そして脱ハンコが実現可能な書類は何か、進めるには何が必要かといった内容を具体的に説明しています。
法律のプロである弁護士が、法律に則った「脱ハンコ」の進め方を解説している書籍なので安心して進められます。

「脱ハンコ」を実現したいが、どうやればいいか分からない、そんな企業に向けた1冊となっています。
目次
1章 ハンコって何のため?
2章 ハンコを使用する? 使用しない?
3章 脱ハンコの進め方
4章 脱ハンコの代替措置
5章 電子署名を利用する
6章 文書をデジタル化するには
7章 テンプレート・サンプル規程集
著者略歴
弁護士法人戸田総合法律事務所(ベンゴシホウジントダソウゴウホウリツジムショ bengoshihoujintodasougouhouritsujimusho)
タイトルヨミ
カナ:ホウリツノプロガオシエルダツハンコノススメカタ
ローマ字:houritsunopurogaoshierudatsuhankonosusumekata

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ジャムハウスの既刊から
宮下由多加/著 井上健語/著
弁護士法人戸田総合法律事務所/著
宮下由多加/著
もうすぐ発売(1週間以内)
集英社:堂場瞬一 
えにし書房:マーガレット・マクミラン 真壁広道 
玄光社:CMNOW編集部 大塚素久(SYASYA) 
講談社:藤本ひとみ 
主婦の友社:橋本将吉 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。