近刊検索 デルタ

2021年4月7日発売

敬文舎

歴史学の感性

奈良女子大学叢書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
過去の人びとの感性ばかりでなく現代人の感性も含めて、ほかの学問分野と連携しながら歴史学において「人間の感情」をいかに扱うかを、各時代・各分野の研究者が挑戦した書。
目次
第一部 心とかたち
 第一章 詩・申文・物語──平安期の漢文学と仮名文学
 第二章 『源氏物語』の色
 第三章 元服の揺籃期
 第四章 「こちよりてのこと」の物語
第二部 ことばと思想
 第五章 立法者としての聖徳太子
 第六章 八世紀における「天孫降臨神話」の変容
 第七章 中世前期における「いきほひ」について
第三部 近代のゆくえ
 第八章 近代日本における天皇と国民 ──北一輝の模索
 第九章 吉本隆明「転向論」──断層への固執
 第一〇章 明治前半期における統計学と進化論についての一考察
第四部 自然史的転回
 第一一章 古代日本の気候変動と銭貨発行の関係分析
 第一二章 絶滅の意味
 第一三章 人新世における自然史的転回と歴史学
著者略歴
西谷地晴美・西村さとみ・田中希生(ニシヤチセイビ ニシムラサトミ タナカキオ nishiyachiseibi nishimurasatomi tanakakio)
西谷地晴美:奈良女子大学研究院人文科学系教授、日本中世史専攻 西村さとみ:奈良女子大学研究院人文科学系教授、日本文化史専攻 田中希生:奈良女子大学研究院人文科学系助教、日本近現代史専攻
タイトルヨミ
カナ:レキシガクノカンセイ
ローマ字:rekishigakunokansei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

敬文舎の既刊から
西谷地晴美・西村さとみ・田中希生/著
植松國雄/著
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。