近刊検索 デルタ

12月23日発売予定

説話社

西洋占星術哲学

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書はタイトルの「哲学」が表すように、西洋占星術についての思索をまとめた1冊です。
 西洋占星術を理解する上で数字の概念と哲学は外すことはできません。たとえば、12サイン、10天体、三区分、四元素、五分割、6つのアーキタイプ、7音階、十牛図、十進法と十二進法、9つのエニアグラムなどなど……。
 それらの要素を本書では著者の分身たる、「カウント君」と「ケスラー君」の対話問答として解き明かしていきます。この対話形式も本書最大の特徴です。これまでは、解説書スタイルでしたが、それでは著者の思考をすべて出すことはできませんでした。
 ですので、著者はプロローグでいいます。「プラトンのような対話篇を書くことでした。説明を書いていながら、そこにフィクション性も入り、好きなことを盛り込むことができます。一人称でなく対話形式にすると、自分を二人に分裂させることになり、この応報は話を加速させるのに都合がいいと思いました。(中略)すると考える作業においてはむしり理想的な状況が出来上がります。」
 つまり、本書は長年、実践と研究を重ねてきた著者の頭の中で構築されてきた西洋占星術理論の精髄ともいえます。
 「占星術の12の数字とか、3や4の数字の意味などについて書いていますが、12サインとかは、占星術で使う基礎的要素であり、これを生活の上での具体的なイメージなどに結びつけることで、12サインの本来性の意義は徐々に壊れていきます。12サインを、12の数字のシステムとして、抽象化して扱うと、もともとの姿を取り戻します。(中略)占星術は、宇宙法則を示したものであるという点で、これを具体的なことに結びつけずに考えることで、このシステムの優れた要素というものをたくさん発見することができるでしょう。」とエピローグにあるように、カウント君とケスラー君の応酬を追って読み、身につけることで占星術という優れたシステムを真に理解することができるでしょう。そのための決定版が本書だといえます。
目次
プロローグ
対話篇
12サインについて語る
意識は射出されることで働く
1と2の数字
分離したふりをする
レミニスカート
中心点の意識の喪失
3の数字の成立
複数の投射対象、水晶の話
4の数字の意義、受動の側に入り込む
つなぎ作用
オクターブの欠落部分
12の法則は世界に定着する
外部介入
アカシックリーディング
12サインの具体的な適用
12感覚
一つの感覚で突き破る
トゥルパを案内者にする
運命の切り替え
12感覚の整理、二区分、三区分、四つ
5分割
マザー
図形による意識の違い
立体図形の意味
立方体
太陽系の中にある立体幾何図形
夢の中で住処を作る

対話篇補足
いかにして人間は目覚めるのか
夢の六角堂
ハヌマーン
12感覚の坂

エピローグ
著者紹介
著者略歴
松村 潔(マツムラ キヨシ matsumura kiyoshi)
1953年生まれ。占星術、タロットカード、絵画分析、禅の十牛図、スーフィのエニアグラム図形などの研究家。著書に『完全マスター西洋占星術』『トランシット占星術』『ヘリオセントリック占星術』『ディグリー占星術』『三次元占星術』『完全マスター西洋占星術・』『ボディアストロロジー』『アスペクト解釈大事典』『マンディーン占星術』『トランスサタニアン占星術』(いずれも説話社)ほか多数。
タイトルヨミ
カナ:セイヨウセンセイジュツテツガク
ローマ字:seiyousenseijutsutetsugaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
日本能率協会マネジメントセンター:松永博樹 内山正悟 
草思社:スティーブン・ピンカー 橘明美 坂田雪子 
コロナ社:長名優子 石畑宏明 菊池眞之 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。