近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は、YouTubeチャンネル登録者数20万人超、テレビをはじめメディアで話題の「日本最後の陰陽師」橋本京明が「霊(守護霊)」とは何か? 「霊供養」とは何か? なぜ、そうしなければならないかを、数々の鑑定事例とともに語り明かした1冊です。
霊(守護霊)とは人であり、決して怖い存在でも忌み嫌う存在でもなく、その人を見守る、ありがたい先祖からの霊であると著者は説きます。
本書では守護霊の話から始まり、生き霊、ペットの霊、モノに宿る霊、心霊スポット、水子供養、地縛霊、色欲霊、お墓参りの仕方など「霊」に関するさまざまな不思議な話を紹介します。
どれもすべて著者が鑑定および解決した話です。
霊がいるのか、守護霊は私たちに何をもたらしてくれるのか、どうすれば供養できるのか、答えは本書にあります。そして、それを信じるか信じないかは読者自身で判断してください。
本書には著者が丹精込めた護符も掲載しておりますが、さらに、陰陽師の秘技秘術により本書それ自体を守護霊供養、除霊・悪霊退散としての霊力を持たせております。持つお守りとしてもご活用ください。
目次
はじめに
守護霊の話
生き霊の話
霊を見るための方法
動物(ペット)の霊の話
モノに宿る霊の話
お金に関する不思議な話
心霊スポットの話
水子供養の話
地縛霊の話
お墓参りの話
色欲霊の話
おわりに
著者紹介
著者略歴
橋本 京明(ハシモトキョウメイ hashimotokyoumei)
福島県郡山市生まれ。神官の家系に生まれ、幼い頃から霊視・予知をするなど不思議な力を持つ。8歳で四柱推命をはじめとする各種占術を学ぶ。その後、心的鍛錬のために金峯山寺や比和山行院などでも修行を積み重ねる。会社員と併走して占い師として活動。2008年に地元、郡山にて「橋本京明オフィス」を開業。驚異的な的中率が話題となり、テレビや雑誌など各メディアに紹介される。拠点を東京に移してからも個人鑑定は続け多くの悩める人を解決へと導く。自身のYouTubeチャンネルは登録者20万人を超える。著書に『郡山の陰陽師 橋本京明 魂の詞』(説話社)、『陰陽師・橋本京明のとらわれない生き方』(大和書房)、『呪いを祓う55の方法』(宝島社)、『強運のつかみ方』(大和書房)など多数。
タイトルヨミ
カナ:レイクヨウ
ローマ字:reikuyou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:赤福大和 さばみぞれ 
成美堂出版:マカベアリス 
双葉社:朝倉宏景 
風媒社:東谷護 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。