近刊検索 デルタ

2020年2月1日発売

ジー・ビー

全国 天皇家ゆかりの神社・お寺めぐり

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本の歴史の象徴ともいえる天皇家、そして神社とお寺。日本において神と仏は、人々の心と生活を支える大きな支えであった。そして天皇家もまた、神仏を分け隔てることなく、篤い信仰を寄せてきた。天皇が信仰した古社名刹、創建したお寺、そして天皇を祀る神社。初代神武天皇から今上天皇まで126代、天皇家ゆかりの神社とお寺をめぐることで、日本の悠久の歴史とその深淵、そして、今も私たちの体の中に受け継がれる信仰の姿が見えてくる。本書はその主だった寺社を紹介するガイドの決定版です。
目次
●巻頭写真特集
平成から令和へ――お代替わり前後の上皇・上皇后両陛下と天皇・皇后両陛下
●第一章
日本神話と天皇家
●第二章
大和朝廷と古代の天皇
●第三章
河内王朝の断絶と飛鳥時代
●第四章
王朝時代と古代の終焉
●第五章
中世以降の天皇家と神社・お寺
●第六章
近代の幕開けと天皇家
著者略歴
渋谷申博(シブヤノブヒロ shibuyanobuhiro)
日本宗教史研究家。『0からわかる神道のすべて』(三笠書房)、『歴史さんぽ 東京の神社・お寺めぐり』(G.B.)、『一生に一度は参拝したい全国の神社めぐり』(G.B.)ほか著書多数。
タイトルヨミ
カナ:ゼンコクテンノウケユカリノジンジャオテラメグリ
ローマ字:zenkokutennoukeyukarinojinjaoterameguri

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
北大路書房:民秋言 安藤和彦 米谷光弘 上月素子 大森弘子 
ミネルヴァ書房:大豆生田啓友 三谷大紀 
ミネルヴァ書房:ミネルヴァ書房編集部 
北大路書房:民秋言 安藤和彦 米谷光弘 中西利恵 大森弘子 長谷雄一 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。