近刊検索 デルタ

6月29日発売予定

出版ワークス

森のゲオルグ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ある国の深い森の奥に、とても小さな妖精・ゲオルグが住んでいました。優しいお父さんとお母さんに愛情を注がれ育ったゲオルグは、とても明るくて勉強好きな性格です。妖精の子どもたちは6才になると、学校に通い始めます。ゲオルグは大好きな先生や友達のいる学校が大好きでした。でも…ゲオルグにはひとつだけ秘密がありました。8才になったある日、皆で空飛ぶ遠足に出かけることになり……。
テーマは「親子間の無垢な愛情」と「子どもの個性を尊重し、伸ばすこと」の大切さ。本作では、ハンディキャップを持った主人公が自身を肯定的に捉え、内面性を磨いていく姿を丹念に描いています。物語の終盤、主人公は特異な能力を発揮し、仲間のピンチを救たことから、皆の信頼を得ます。全編をとおし「素直」「情愛」「力」の尊さをストレートに描き、親子の触れ合いの場や読み聞かせの現場に最適な「情育絵本」として提案します。
著者略歴
ノーブスミー(ノーブスミー)
ライターのノーブとイラストレーターのスミーからなるメルヘン創作ユニット。代表作に『たるとたたんのたいこまつり』『たるとたたんのくんくんぼうし』(出版ワークス) 、『クンクンとプッチ / キンダーメルヘン冊子付録』(フレーベル館)、『おやゆびひめ /ぐりこえほん』(江崎グリコ)、『チキンリキン』『三匹のこぶた』(ECCジュニア)など。ファンタジー絵本や幼児向けしかけ絵本の創作を中心に活動。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

出版ワークスの既刊から
山田和明/著・イラスト
カトウシンジ/著
谷本雄治/著 大野八生/イラスト 田中伸幸/解説
本日のピックアップ
誠文堂新光社:MJ無線と実験編集部 
コロナ社:川村貞夫 小澤隆太 塩澤成弘 吉岡伸輔 伊坂忠夫 平井宏明 ほか

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。