近刊検索 デルタ

2019年4月2日発売

ロクリン社

いーじー大波小波

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「私より勝手で自由な母親がいたなんて! 」──樹木希林(帯文より)
「自分の人生を愛している人は、強くて優しい」──脚本家・篠崎絵里子(解説より)


限りなく自由な母親と12歳の私
ちょっとおかしな、本当にあった家族の物語

「お化けが出る家でもかまいません」
突然の離婚で、能登半島の柳田村に移住した母と娘。
二人が何の縁もない土地に来たのは、母・十七波(となみ)が
村役場に送った突拍子もないハガキがきっかけ。
父との唐突な別れに加え、お金も住む家もないまま始まった移住計画に、
12歳の娘・乃波木(のはぎ)は戸惑うばかりでした──。

どこまでもポジティブな母と、ぎこちなくも成長していく娘。
ちょっと変わった、本当にあった家族の物語。

石川を拠点に活動する写真家・乃波木(のはぎ)による、初の自伝的小説。
著者略歴
乃波木(ノハギ)
乃波木(のはぎ) 東京生まれ。12 歳の時に、石川県能登半島の旧柳田村へ母とふたりで移住。 柳田村立柳田中学校へ転入。石川県立工業高校工芸科を卒業し、写真を学ぶため東京造形大学に進む。 卒業後、株式会社アマナの写真部に入社。2002年に独立し、2007年初の写真集『Noto』(FOIL 刊)を刊行した。 写真のみならず、映像、イラストレーション、文筆など、活動の範囲を広げている。 現在、金沢に在住。能登町ふるさと大使、いしかわ観光特使にも就任。 母・十七波は、現在も能登で陶房を構え、移住歴 27 年目を迎える。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ロクリン社の既刊から
寮美千子/文 小林敏也/画
チャールズ・キーピング/作 ふしみみさを/訳
本日のピックアップ
日経BP:増田智明 
第一法規:能見善久 加藤新太郎 
共立出版:MoranCerf ManuelGarcia-Garcia 福島誠 ほか

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。