近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「Mineral Sculptures」は、角田純が作り出す鉱物をモチーフにした立体作品。幼少期から鉱物に惹かれて収集を続けていた角田が、ひとつの立体の中で複数の鉱物を組み合わせながら、土台となる石膏にもわずかに着色を行い、鉱物そのものが持つ美しさを生かしながら、彫刻へと落とし込んでいます。

手のひらに収まるほどの小さなサイズから、鉱物の結晶を大胆に用いた大型の作品まで、そのどれもひとつとして同じものはなく、自然由来の鮮やかな色彩、透き通った結晶が放つ光など、長い年月をかけて育まれた原始の神秘を感じることができるでしょう。写真家・齋藤圭吾が本作品集のために鉱物の美しさを引き出す写真を撮り下ろし、プリミティブかつ不思議な存在感を放つ作品に宿る宇宙を、ページをめくりながら体感できます。作品集には立体作品から派生したペインティングも収録しています。装丁には白いクロスと2種の箔押しを施し、贈り物にもぴったりの一冊です。
著者略歴
角田純(ツノダジュン tsunodajun)
角田 純(Jun Tsunoda)/1960年愛知県生まれ。アートディレクターを経て、2000年代半ばに画家としての活動を開始。主なグループ展に2012年「抽象と形態:どこまでも顕れないもの」(DIC川村記念美術館)、2019年「四次元を探しに ダリから現代へ」(諸橋近代美術館)など。主な個展に2017年「Hollow Organ」(Curator’s Cube)、2019年「A New Career In A New Town」(Parcel、東京)などがある。作品集に『Cave』『SOUND AND VISION』がある。
タイトルヨミ
カナ:ミネラルスカラプチャーズ
ローマ字:minerarusukarapuchaazu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

torch pressの既刊から
角田純/著
久門剛史/著
下道基行/著 安野太郎/著 石倉敏明/著 能作文徳/著 服部浩之/著
濱田祐史/著
桑原真理子/著
角田純 最近の著作
本日のピックアップ
マガジンハウス:あきこ 
コロナ社:野波健蔵 
ライフサイエンス出版:日本腎臓学会 日本透析医学会 日本腹膜透析医学会 日本臨床腎移植学会 ほか
共立出版:MariaSchuld FrancescoPetruccione 大関真之 ほか
東京書籍:ケイトホッジス サラパップワース 西川知佐 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。