近刊検索 デルタ

2023年1月27日発売

torch press

出版社名ヨミ:トーチプレス

柔らかな舞台

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ(1962年ロッテルダム生まれ、ベルリン在住)は、2017年ヴェネチア・ビエンナーレのオランダ館代表を務めるなど、オランダの現代美術を代表するアーティストの一人として、20年以上に渡り映像作品や映像インスタレーションを発表してきました。
 
東京都現代美術館で開催される国内初の個展「柔らかな舞台」では、彼女の代表的な映像作品から新作まで6点を展示。本展を機に国内で制作した新作は、主に1920年代から1940年代にかけて活躍した女性の文筆家たちが、女性の社会的地位や性愛、戦争といった問題に切り込んだテキストを取りあげ、それらが今日の社会のどのような側面を映し出すかを探っています。

展覧会図録となる本書では、映像のスチルカットのほか、インスタレーションビューを織り交ぜながら、多角的にファン・オルデンボルフの作品について読み深めることができるテキストを多数収録。映像スチルとテキストが交互に現れる若林亜希子のデザインによって、示唆に富んだ彼女の作品世界を掘り下げます。全てのテキストは日英のバイリンガルとなっています。
目次
ウェンデリン・ファン・オルデンボルフの流動的なトポス 崔 敬華
不透明なフェミニスト/クィア・ポリフォニー 菅野優香
我々が集う時 ビンナ・チョイ
考察のイメージ パブロ・デ・オカンポ
ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ:インタビュー
作品リスト・解説
著者略歴
ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ(ウェンデリンファンオルデンボルフ wenderinfanorudenborufu)
1962年ロッテルダム(オランダ)生まれ、ベルリン在住。シナリオや設定を作り上げる映像制作を、諸形態の作品を生み出すための方法であり言語として探究してきた。近年、ウッチ美術館(ポーランド、2021年)、ドス・デ・マヨ・アートセンター(マドリッド、2019-2021年)、第57回ヴェネチア・ビエンナーレオランダ館(ヴェネチア、2017年)などでの個展を開催したほか、ソンズビーク20->24(アーネム、2021年)、シカゴ建築ビエンナーレ(シカゴ、2019年)、世界文化の家(ベルリン、2019年)、シンガポール・ビエンナーレ(シンガポール、2019年)、あいちトリエンナーレ(愛知、2016年)、キーウ・ビエンナーレ(ウクライナ、2015年)など数々の国際展に参加。
タイトルヨミ
カナ:ヤワラカナブタイ
ローマ字:yawarakanabutai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
泣くな、わが子よ
ノーベル賞候補であり続ける文学者の代表作

-- 広告 -- AD --

torch pressの既刊から
サラ・スタナーズ/解説 加治屋健司/解説 前田希世子/解説
もうすぐ発売(1週間以内)
成文堂:長谷川貞之 
風媒社:溝口常俊 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
講談社:講談社 杉山勝巳 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。