近刊検索 デルタ

2021年6月22日発売

瑞雲舎

コレットとわがまま王女

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
コレットの住む町に王女様が静養にやってくることになりました。王女様と聞いたら、金髪の美しい人を想像するかもしれませんが…、
この王女様、みんなが想像していたような王女様とは全然違っていました。ちっとも美しくもなく、やさしい穏やかな方でもなかったのです。しかも、王女様は雑音一つない静けさを望んでいましたから、滞在する町のグラースの人たちは大変なことに! 王女様のおかげで村の日常はすっかり変わってしまいました。この王女様がいらしたグラースの町は、これからいったいどうなってしまうのでしょう?
著者略歴
ルイス・スロボドキン(ルイススロボドキン ruisusurobodokin)
ニューヨークに生まれ。エスティスの「モファットきょうだい」シリーズに挿絵を描いたのをきっかけに、子どもの本を手がけるようになる。『たくさんのおつきさま』(徳間書店)でコルデコット賞を受賞。作品に『てぶくろがいっぱい』(偕成社)、『さかさ町』(岩波書店)、『おうさまのくつ』『カルペパー一家のおはなし』『ふたごのカウボーイ』『ヤナギ通りのおばけやしき』『歌がにがてな人魚』(いずれも小舎刊)など多数。
小宮由(コミヤユウ komiyayuu)
東京都生まれ。翻訳家。東京・阿佐ヶ谷で家庭文庫「このあの文庫」を主宰。祖父は、トルストイ文学の翻訳家 北御門二郎。主な訳書に『さかさ町』「テディ・ロビンソン」シリーズ(以上、岩波書店刊)、『ちいさなメリーゴーランド』『おうさまのくつ』『ふたごのカウボーイ』『ヤナギ通りのおばけやしき』『歌がにがてな人魚』『ねむれないおうさま』『あおいジャッカル』(以上、小舎刊)など多数。
タイトルヨミ
カナ:コレットトワガママオウジョ
ローマ字:korettotowagamamaoujo

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

瑞雲舎の既刊から
ルイス・スロボドキン/著・イラスト 小宮由/翻訳
はやかわじゅんこ/著・イラスト
ルイス・スロボドキン/著 小宮由/翻訳
レオーネ・アデルソン/著 ロジャー・デュボアザン/イラスト こみやゆう/翻訳
ロバート・ルイス・スティーヴンソン/著 イーヴ・ガーネット/イラスト 間崎ルリ子/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
医薬経済社:吉成河法吏 安江博 
学研プラス:戸津井康之 
学研プラス:なんばきび 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。