近刊検索 デルタ

2022年11月28日発売

dZERO

出版社名ヨミ:ディーゼロ

まだ見ぬ地球外生命

分子生物学者がいざなう可能性の世界
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
SFファンの分子生物学者と楽しむ
「生命の起源と進化」をめぐる思考実験。
  
系外惑星で生命が誕生している可能性は?
その生命はどんな進化を遂げる?
ところで、地球人類の未来は?

地球外生命の起源と進化の可能性は、地球のそれらを手がかりに探ることができる。無から宇宙が誕生し太陽がつくられ、水のある地球が生まれ、生命が誕生した。木星の衛星や天の川銀河の星など、地球以外に生命はいるのだろうか。いるとすれば、どのような形をしているのか。SFに描かれるような知的生命はいるのだろうか。これから先、人類はさらなる進化を遂げるのか。SFファンの分子生物学者が、現在の科学的知識をもとに地球外生命の可能性や、人類の未来の可能性について思考実験を試みる。
目次
第一章 生命誕生のシナリオ
第二章 知的生命誕生の条件
第三章 天の川銀河での可能性
第四章 タイタンでの可能性
第五章 地球の生物に似ている可能性
第六章 最新科学で読むSFの想像力
第七章 地球人類のさらなる進化
第八章 SFが描く未来からの警鐘
著者略歴
山岸 明彦(ヤマギシ アキヒコ yamagishi akihiko)
分子生物学者、理学博士、東京薬科大学名誉教授。1953年、福井県に生まれる。東京大学大学院理学系研究科博士課程を修了。主な研究分野は極限環境生物、アストロバイオロジー、生命の起源と進化。ISS-JEM(国際宇宙ステーション・日本実験棟)で、宇宙生物学に関する実験研究プロジェクト「たんぽぽ計画」の代表を務めた。 著書に、『生命はいつ、どこで、どのように生まれたのか』(集英社インターナショナル)、『基礎講義 遺伝子工学Ⅰ』(東京化学同人)、『アストロバイオロジー』(丸善出版)、共著に『対論! 生命誕生の謎』(集英社インターナショナル)などがある。
タイトルヨミ
カナ:マダミヌチキュウガイセイメイ
ローマ字:madaminuchikyuugaiseimei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
論創社:岡崎広樹 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
原書房:高尾栄司 
palmbooks:赤染晶子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。