近刊検索 デルタ

2021年6月21日発売

忘羊社

直向きに勝つ 近代コーチの祖・岡部平太

近代コーチの祖・岡部平太
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「争うのではない。競うのだ」。
学生最強の柔道家として大正初期に単身渡米。抜群の運動能力でアメフトから水泳、スキー、陸上まで多くの競技を体得したのち、科学的スポーツ論を引っさげ帰国。根拠なき精神論と権威に抗い、早すぎた“選手ファースト主義者"として旧態の組織と対立し、満洲に渡ってスポーツによる日中融和を目指すも挫折。戦後は特攻で失った息子への愛惜を込め「平和台競技場」の創設に尽力。1951年、「いだてん」金栗四三と共にボストン・マラソンで日本初の優勝者を輩出―。 『Peace Hill 〜天狗と呼ばれた男 岡部平太物語』の著者が、8年余に亘る取材の成果をもとに、GHQから「平和台」を奪還し、“スポーツの神様"と呼ばれた男の生涯を描く。
目次
プロローグ 昭和の巌流島
第一章 敗戦国に勝利を
第二章 天狗と呼ばれた男
第三章 コーチの覚悟とは
第四章 プロ対アマチュア
第五章 満洲から世界へ
第六章 宿命的な対決
第七章 迫り来る暗雲
第八章 喪失と絶望
第九章 平和への再生
第十章 遺された教え
資料:金栗四三による岡部平太の朝日賞授賞式での祝辞ほか
著者略歴
橘 京平(タチバナ キョウヘイ tachibana kyouhei)
知られざる偉人を発掘し、世に出すために西日本新聞メディアラボ(福岡市)が立ち上げたプロジェクト名。2019年、『Peace Hill―天狗と呼ばれた男 岡部平太物語』(上下巻、幻冬舎)を上梓。
タイトルヨミ
カナ:ヒタムキ ニ カツ
ローマ字:hitamuki ni katsu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

忘羊社の既刊から
中村享一/著
鮫島芳子/著 佐藤好昭/イラスト
高尾啓介/写真

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。