近刊検索 デルタ

2021年11月26日発売

アーツアンドクラフツ

若狭がたりⅡ

わが「民俗」撰抄;ワガミンゾクセンショウ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
貧困、疾病、苛酷な生業、子殺し・姥捨て……水上版「日本残酷物語」
貧しさの底で生き抜いてきた山や海辺の人びとと、その生活と習慣=民俗を、著者独特の〈かたり〉であらわした味わい深い民話集。
目次
Ⅰ おんどろどん
  釈迦浜
  たそ彼れの妖怪たち
Ⅱ しゃかしゃか
  阿弥陀の前
  桑 子
  まいまいこんこ
Ⅲ とりとり彦吉
  鯉とり文左
  穴掘り又助
  てんぐさお峯
【解説】民話作家・水上勉(正津勉)
著者略歴
水上勉(ミズカミツトム mizukamitsutomu)
一九一九(大正八)年、福井県大飯郡本郷村(現・おおい町)生まれ。乞食谷(こじきだん)と呼ばれた谷の上の家で、大工の父・覚治と母・かんの五人兄弟の次男として育った。十歳の時、京都の臨済宗相国寺の塔頭・瑞春院に入る。旧制花園中学校を卒業後、寺を出て、一九三七(昭和十二)年、立命館大学に入学。一九四〇年、東京に出て出版関係などいくつかの職に就くも、郷里に疎開、国民学校に勤める。戦後、東京に出て出版の仕事をしつつ文学修行、宇野浩二に師事する。一九五九年、『霧と影』を発表し本格的な作家活動に入る。一九六〇年、『海の牙』で探偵作家クラブ賞、一九六一年、『雁の寺』で直木賞、一九七一年、『宇野浩二伝』で菊池寛賞、一九七五年、『一休』で谷崎賞、一九七七年、『寺泊』で川端賞、一九八三年、『良寛』で毎日芸術賞を受賞する。二〇〇四(平成十六)年九月永眠。
タイトルヨミ
カナ:ワカサガタリ
ローマ字:wakasagatari

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

アーツアンドクラフツの既刊から
水上勉/著
色川大吉/著
青木裕子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
吉川弘文館:黒田智 
講談社:三止十夜 藤実なんな 
KADOKAWA:青田かずみ 椎名咲月 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。