近刊検索 デルタ

2022年12月10日発売

HeHe

出版社名ヨミ:ヒヒ

コシラエルとはなんだったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2010年、日傘作家 ひがしちかによる、一点ものの日傘作りからスタートした「Coci la elle(コシラエル)」。
手描きの日傘や、刺繍した日傘、デコラティブな日傘など、唯一無二の日傘のほか、雨傘、晴雨兼用、小物などを製作。2022年の夏に閉業。
本書は、2022年9月に本店跡地にて開催された展覧会「傘の素(もと)」にあわせて制作された冊子です。
日傘屋にたどり着くまでのエッセイ、コシラエルの傘に秘められた見えないアレコレ(奥や裏側)をふんだんなテキストでまとめました。
コシラエルに縁があるさまざまな書き手によるコラムも収録。

本書「はじめに」より
お金もない、家もない、無職の、当時シングルマザーだった私は、2010年に傘屋「Coci la elle(コシラエル)」として、一点ものの日傘を作り始めました。
ユーモアと色彩は唯一無二を目指し、魅惑的な傘屋でありたいと無我夢中で走り続け、そして2022年の夏に傘屋を畳みました。
「コシラエル」とは、一体なんだったのか。
「傘」というメディアを通した自分の挑戦を、生い立ちや作品、友人の声、お世話になった方々の眼差しなど、いろいろな側面から観察し再考し分析してみた本です。
この本を通じて、今もうここにはない「コシラエル」というものが、それぞれの皆様のイメージの中で立ち上がってゆき、時々思い出したりしていただけたら嬉しいです。
そして少しでも、この経験(失敗ではなく挑戦への成功)が誰かを元気づけたり、また立ち上がろうという気持ちにさせたり、笑顔にできたりするのなら、この本の意味があるのかなと僭越ながら思います。
応援してくださったお客様、関わってくださったお取引先の皆様、尽力してくれた歴代スタッフのみんな、かけがえのない友人たち、どんな時でも支えてくれた夫と愛する子どもたちへ、感謝を込めて。
――ひがし ちか

執筆(掲載順):ひがしちか、加藤さえ子(株式会社ウェルカム)、伊藤ガビン(編集者)、矢沢路恵(山食堂 女将)、星佳奈(内装設計)、今村真紀(アコテ店主)、
森岡督行(森岡書店店主)、塩川いづみ(イラストレーター)、小林紀子(watari 店主)、前田ひさえ(イラストレーター)、山口妙佳
著者略歴
ひがし ちか(ヒガシ チカ higashi chika)
タイトルヨミ
カナ:コシラエルトハナンダッタノカ
ローマ字:koshiraerutohanandattanoka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
風媒社:溝口常俊 
成文堂:長谷川貞之 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
講談社:講談社 杉山勝巳 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。