近刊検索 デルタ

2018年6月25日発売

苦楽堂

頼介伝

無名の起業家が生きたもうひとつの日本近現代史
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1万冊を収める著者の書庫は、祖父・頼介が最後に残した遺産で造られた。岸信介と同級生だったという祖父は、どのように財を成し、そして失ったのか。「無名の起業家」の足跡を辿る旅が始まる。戦前の南洋ダバオ。暴動の街・神戸と鈴木商店の興亡。満鉄相手の大商売。『細雪』の地での成金暮らし。すべて戦禍で失われた8隻の船。終戦直後の再起。『華麗なる一族』を地で行く製鉄業での栄光と破綻。頼介の生涯は、そのまま神戸そして日本の忘れられた近現代史と重なっていく。この国の百年を体感する傑作大河評伝。
目次
頼介伝 目次

●序 なぜ祖父の人生をたどり返すのか

●第一部 祖父と出会う
第一章 一八九七(明治三〇)年生まれの世代について
第二章 「楽園」ダバオへ
第三章 労働者のるつぼ・東出町

●第二部 成り上がりと戦争
第四章 満洲の夢と阪神間モダニズム
第五章 船を造る

●第三部 起業家の復活と死
第六章 再起
第七章 ワンマン経営
第八章 最後の賭け
第九章 起業家の死

●終章 神戸についての省察

●あとがき

脚注/関連年表/索引
著者略歴
松原 隆一郎(マツバラ リュウイチロウ matsubara ryuuichirou)
松原隆一郎(まつばら・りゅういちろう) 社会経済学者、放送大学教授。1956年、神戸市生まれ。東京大学工学部都市工学科卒、同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。東京大学大学院総合文化研究科教授を経て現職。著書に『経済思想入門』(ちくま学芸文庫)、『ケインズとハイエク』(講談社新書)、『日本経済論』(NHK新書)など。故郷・神戸を採りあげた著書に『失われた景観』(PHP新書)、祖父・頼介に触れた著書に『書庫を建てる』(堀部安嗣との共著、新潮社)がある。
タイトルヨミ
カナ:ライスケデン
ローマ字:raisukeden

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

苦楽堂の既刊から
菱田信也/著
神戸新聞「次の本へ」取材班/著
久禮亮太/著
本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉山成 
大蔵財務協会:樫田明 増尾裕之 
北大路書房:コーシン・ペイリー・エリソン マット・ワインガスト 小森康永 栗原幸江 ほか
みすず書房:ロラン・バルト 三好郁朗 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。