近刊検索 デルタ

2019年5月17日発売

樹林舎

写真アルバム 瀬戸・尾張旭の昭和

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
古から焼物づくりの里として知られる瀬戸市。
瀬戸電、瀬戸街道が通り名古屋と瀬戸を繋ぐ結節点として発展してきた尾張旭市。
この2市を対象とし、激動の時代「昭和」をとらえた写真で綴った写真集である。
収録写真は600枚以上。地域で起きた様々な出来事や、市井に生きる人びとの営み、また現在は見ることの出来ない懐かしい風景などを満載している。
そのほか旧赤津村にあったプールや終戦直後に行われた本地ヶ原の開拓、高度経済成長期に瀬戸へ訪れた集団就職など、興味深いコラムも収録している。
目次
1章 戦前の暮らしと風景
フォトコラム 太子遊園プール
2章 戦前・戦中の教育
3章 銃後の暮らし
4章 戦後の風景
フォトコラム 開拓地・本地ヶ原の誕生
フォトコラム 拓かれた菱野団地
5章 わがまちの出来事
6章 思い出の街角
フォトコラム 交通の変遷
フォトコラム 尾張旭市内唯一の国道363号
7章 戦後の暮らしとスナップ
フォトコラム 憩いの場・森林公園
8章 瀬戸窯千年の歴史
フォトコラム 戦後の一大叙事詩~集団就職~
9章 祭りと民俗行事
10章 懐かしの学び舎と教育
フォトコラム 昭和の子どもたち
著者略歴
加藤 恬(カトウ シズカ)
■監修 加藤 恬(瀬戸尾張旭郷土史研究同好会会長) ■執筆・編集協力 榊原 剛(元愛知大学・中部大学講師、郷土史研究家) 柴田鐘三(尾張旭民具研究会代表、東海民具学会会員) 中村儀朋(瀬戸ノベルティ文化保存研究会代表、中部大学非常勤講師) 林  宏(尾張旭市文化財保護審議会委員、前ふるさとガイド旭会長) 松本博司(瀬戸尾張旭郷土史研究同好会会員)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

樹林舎の既刊から
浅野浄一/著 黒田正直/著 西川重信/著 山内貴美男/著 山内正一/著
芦田精一/監修 川端二三三郎/監修
本日のピックアップ
コロナ社:志堂寺和則 
現代人文社:山本晴太 川上詩朗 殷勇基 張界満 金昌浩 青木有加 
マイナビ出版:ポケットマニュアル編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。