近刊検索 デルタ

2022年12月13日発売

西日本出版社

出版社名ヨミ:ニシニホンシュッパンシャ

癌封じの寺 大安寺の365日

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本で初めて天皇が建立したお寺で、近年は癌封じの寺としても知られる大安寺。
25歳で銀行員を辞めて仏門に入った副住職・河野裕韶師によって、高野山専修学院での修行、癌封じのお寺での患者や家族との日々、お寺での生活、奈良の仲間たち、師にとっての仏教、お寺の写真集など大安寺での日常を綴ります。

【目次】

大安なる寺へようこそ

第一章 大安寺と私と修行

第二章 大安寺での日常

大安寺の風景

第三章 大安寺について

第四章 私が思う仏教

第五章 仏教よもやま話

第六章 大安寺の未来

あとがき

大安寺略年表
著者略歴
河野 裕韶(コウノ ユウショウ kouno yuushou)
昭和63(1988)年生まれ、大阪市出身。サラリーマン家庭に生まれ育つ。 平成18年に大阪府立豊中高校、平成22年に関西大学経済学部を卒業し、同年株式会社南都銀行に入行。生駒支店にて3年半勤務後、平成25年退職。 同年、高野山櫻池院にて得度。平成26年に高野山専修学院にて受戒、四度加行成満、伝法灌頂入檀。平成27年大安寺入山、平成29年より大安寺副住職。 一般家庭、一般社会経験者という経歴を持ち、その独自の視点や感性を元に、従来の慣例にとらわれない活動を積極的に実践。モットーは「やる時はやる、やらない時はやらない」。
タイトルヨミ
カナ:ガンフウジノテラ ダイアンジノサンビャクロクジュウゴニチ
ローマ字:ganfuujinotera daianjinosanbyakurokujuugonichi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
風媒社:溝口常俊 
成文堂:長谷川貞之 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
書肆侃侃房:目代雄一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。