近刊検索 デルタ

2021年9月7日発売

学びリンク

通信制高校を選んだわけ

通信制高校選びは一人ひとりちがうのがいい
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◎通信制高校の選び方、学校生活の送り方、卒業後の進路が19人の体験談を通じて分かります!

本書は、卒業生4人、そのお母さん3人、在校生12人が『通信制高校を選んだわけ』について率直に語ってくれています。通信制高校をこれから選ぼうとする方に、リアルな情報として学校の選び方、学校生活の送り方、卒業後の進路が分かってもらえます。

通信制高校を選ぶ生徒の推移を見ると、20年前の2000年度は高校生全体の24人に1人でした。それが、10年前の2010年には19人に1人になり、現在は16人に1人が通信制高校を選ぶまでになりました。私立高校に限ってみれば、8人に1人の割合で私立通信制高校を選んでいます。

時間や行動の制約をあまり受けずに高校生活を送れそうだというのが通信制高校を選ぶ要因になっています。時間と行動が思いのままになるのが通信制高校のメリットです。

通信制高校卒業生、在校生に聴いた『通信制高校を選んだわけ』には、そのメリットをそれぞれの人が自分のスタイルで活かし、自分らしい高校生活を送っている姿がうかがえます。

ただ、そこに至るプロセスは平坦とばかりは言えませんでした。むしろ、悪路を悪戦苦闘しながらようやくたどり着いたという印象のほうが多いように思います。不登校、ひきこもり、発達障害、起立性調節障害、いじめ、転入学などを乗り越えて通信制高校を選びました。
周囲の理解もありスムーズに通信制高校に出会えた人はラッキーな印象さえあります。

一方、多くの人が自分の経験した学校生活、あるいはそれに似た学校生活が普通のことだと思いがちではないでしょうか。それと異なる場合は、ちょっと首をかしげてしまう。どんな人にも学校に対する固定観念があるように思います。

通信制高校は、これまでまさにこの「固定観念」のカベに成長を阻まれてきました。ここにきてこのカベがほころび始めています。
それは、制度が改正されたとか、教育者の思考が変わったとかではないように思います。制度はむしろ規制を強めようとする勢いのほうが強いようです。

そのカベを崩し始めているのは当事者である他ならぬ卒業生や在校生の「通信制高校で良かった」という単純素朴な気持ちのように思います。

出版社からのコメント
小社編集部は、日常的に通信制高校に学ぶ生徒・卒業生を取材し、進学ガイドブック、単行本、フリーペーパーで発表しています。
また、全国約30か所で開催している「通信制高校・サポート校合同相談会」では体験談を聴く会というコーナーを作り、そこで参加者の皆さまに通信制高校生のリアルな声を聞いていただいてます。
本書は、そのような小社編集部の日常活動をベースにしています。卒業生・在校生の話からは、通信制高校とやりたいことの両立(イラスト・美術、野球、eスポーツ、海外留学、美容師など)、自分に合った環境の選択(不登校、ひきこもり、中等部から通信制高校へ、訪問支援、起立性調節障害、発達障害、いじめ、大学進学など)などの実情が分かってもらえます。
目次
はじめに

第一章 通信制高校を選んだわけを聴く 卒業生編

消防士になる
目標ができたおかげで
楽しい気持ちがよみがえりました

「やめていいよ」と
本心から言えるまでには
気持ちの葛藤がありました(卒業生 母)

行事も多い高校生活でしたが
私を支えてくれたのは
先輩と過ごした普通の日々でした

対等に話せる
人生の先輩のように
「あなた」と呼ばれるようになりました(卒業生 母)


通信制高校の緩やかな時間の中で
働くことの楽しさも見つけ
子どもたちと触れ合う仕事が喜び


私が防波堤になってあげたいー
肩肘張った娘の学校生活からも
肩の荷が下りました(卒業生 母)


計画を立てることが身について
自分がしんどくならずに
できることがたくさん増えました



第二章 通信制高校を選んだわけを聴く 在校生編

イラストの勉強や
友人と過ごす時間...
中学時代できなかった楽しい学校生活


野球に一番集中できる場所
温かい部員と指導者に
恵まれる日々


eスポーツが出発点
出会えた仲間、
かけがえのない経験


「大学へ行く」と
前を見るしかなかった
学力だけでなく、自分自身も変われた


「積極的な自分」に変われた海外留学
計画的に進めて高校卒業と両立


好きなことに
とことん取り組める環境で、
自信が持てるように


温かな環境を作ってくれた
先生たち
一人ひとりとのストーリーがある


止まっていた時間の歯車を、
もう一度回してくれた
前向きな自分を取り戻せた場所


好きなことを
優先できる環境だから
体も気持ちも楽になった


自分の特性がわかって
開けた進路
「できる」実感が増える日々


家族も心配した毎日の通学
温かな環境と好きな時間が
自分を変える


N高と投資部で出会えた
挑戦的な自分と新たな夢



第三章 通信制高校が選ばれるわけ 解説編

「学びの個別最適化」の方向へ

余裕のある時間でオンライン課外授業

登校回数を選べるメリット

「自分のこと」だから「ワガママ」に選ぶ

おわりに
著者略歴
山口教雄(ヤマグチノリオ yamaguchinorio)
学びリンク編集部(マナビリンクヘンシュウブ manabirinkuhenshuubu)
タイトルヨミ
カナ:ツウシンセイコウコウヲエランダワケ
ローマ字:tsuushinseikoukouoerandawake

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

学びリンクの既刊から
山口教雄/監修 学びリンク編集部/編集
赤井知一/著 酒井邦彦/著
椎名雄一/著
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
集英社:深緑野分 
鳥影社:山上一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。