近刊検索 デルタ

3月15日発売予定

有志舎

近代中国の国会と憲政 議会専制の系譜

議会専制の系譜
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「議会専制」とは耳慣れない言葉である。民主主義を象徴する「議会」と、その対極にあるはずの「専制」が結びつくのだろうか。しかし、近代中国とりわけ中華民国の時代を通じて、この言葉は「国会専制」「立法専制」等々の表現をとりながら、歴史の舞台にしばしば登場していた。そこには議会(国会)の権力が強すぎること、権限の行使が放縦に過ぎることへの批判が含意されていたのである。本書は、この「議会専制」という言葉をキーワードとして、辛亥革命から中国共産党の1954年人民代表大会に至る、近代中国の議会制と立憲政治の歴史を体系的に読み解こうとする試みである。
目次
序章 視角としての議会専制 
Ⅰ 袁世凱政権と議会専制 
Ⅱ 安福国会と臨時約法―世論に対峙する議会― 
Ⅲ 孫文の立憲構想―国民大会と立法院― 
Ⅳ 馮少山の訓政批判と立法院 
Ⅴ 五五憲草における国民大会と立法院 
Ⅵ 日中戦争下の五五憲草批判と国民大会議政会 
Ⅶ 中華民国憲法と立法院の国会化 
Ⅷ 国共内戦下の立法院と憲法運用―総統・行政院への規制― 
Ⅸ みせかけの議会専制―人民代表大会制の歴史的位相― 
終章 議会専制の系譜
著者略歴
金子 肇(カネコ ハジメ)
1959年生まれ。広島大学大学院文学研究科教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。