近刊検索 デルタ

10月31日発売予定

方丈社

人生100年時代を生きるための哲学

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「人生100年時代」をどう生きるか?
老いを生きる技術を知り、
私たちの生き方が、どう変わるのかを知る、
新時代の哲学!

本書では、まず人生100年の意味を明らかにし、
そのうえでどのように生きていけばよいのかを提案していきたいと思います。
また、人生の意味や生き方について考え抜いて来た歴史上の哲学者の言葉には、
時代や文脈を越えて参考になるものがたくさんあります。
そうした言葉も紹介しつつ、人生100年という新しい時代を、自信を持って楽しく生きていけるように、著者の考える「人生100年時代の哲学」を提示します。
目次
はじめに 人生100年時代の喜びと不安
第1章 100年を生きるためのメンタルをつくる
第2章 100年を生きるための身体をつくる
第3章 100年基準の社会とは
第4章 哲学者たちが残した珠玉の人生訓
第5章 新しい時代の哲学
おわりに 人生1000年時代に向けて
著者略歴
小川仁志(オガワヒトシ)
小川仁志(おがわ・ひとし) 1970年、京都府生まれ。哲学者・山口大学国際総合科学部教授。専門は公共哲学。 京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。 米プリンストン大学客員研究員等を経て現職。 大学で新しいグローバル教育を牽引する傍ら、商店街で「哲学カフェ」を主宰するなど、 市民のための哲学を実践している。 2018年4月からはEテレ「世界の哲学者に人生相談」(木曜23時〜)にレギュラー出演。 著書も多く、海外での翻訳出版も含めると100冊以上。 近著に『哲学の最新キーワードを読む』(講談社現代新書)等多数。 ブログ「哲学者の小川さん」

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
金子書房:ダッレ・グラーヴェ 吉内一浩 山内敏正 サルティラーナ エル・ゴッチ ほか
丸善出版:日本健康心理学会 
経済産業調査会:井手久美子 
幸書房:小巻利章 白兼孝雄 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。