近刊検索 デルタ

2020年10月17日発売

方丈社

労務管理者必読 テレワーク時代の「心のケア」マネジメントーテレワーカーが抱える重大リスクとその対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
新型コロナウィルス感染予防対策として、テレワークを導入する企業が倍増した。
政府はかねてから、ライフワークバランス、多様な働き方の推進としてテレワーク導入を推進してきた。
しかし、今回のテレワーク導入の動機は、新型コロナウィルス感染防止という急場しのぎであり、十分な準備の上に導入されたものではない。
そのひずみが、「テレハラ」「テレワークうつ」という形で表面化してきた。
自宅で一人で働くテレワーカーたちに、会社はどのような手を差し伸べればよいのか。
本書では、多くの企業にパワハラ防止や睡眠指導の実績を持つ著者が、テレワークのメリットとデメリットから、
テレワークという働き方の特徴、テレワークで発生する可能性がある問題点、テレワークで起きる心身の健康問題、
それに対するケアの方法、いま会社がテレワーカーたちにすべき「ケア」まで、
いま会社が行うべき施策とテレワーカーたちへのケアの方法を提示する。
コロナ禍で、やむを得ず導入したテレワーク。
ロナ以前と同様のパフォーマンスを維持し、会社の業績を向上させるために何をなすべきかを提示した、
経営者、人事管理部門担当者の必読書。
目次
まえがき  本当の危機は自分の中にある

序章  会社や人事管理部門に新しい対応が求められる時代
第一部  テレワークの働き方を考える
第一章  日本のテレワークの現状について
第二章  テレワーク導入に期待する「効率」に潜む罠
第二部  テレワーカーが抱える重大リスク
第三章 「テレワークうつ」が急増する!
第四章 「テレハラ」が危ない!
第三部  心のケアの仕組みを再構築する
第五章  テレワーク版「4つのケア」で健康管理の実効性を高める
第六章  リモート型「ラインケア」を遂行する
第七章  ハイブリッド健康相談を実施する
第八章  情報のアップデートと共有化を図る

あとがき  人と人が支え合うことが最大のメンタルヘルスケア
著者略歴
和田隆(ワダタカシ wadatakashi)
和田隆(わだたかし) メンタルプラス株式会社代表取締役 ウェルリンク株式会社 シニアコンサルタント 国家資格1級キャリアコンサルティング技能士・シニア産業カウンセラー 大学卒業後、大手スポーツクラブ運営会社等で主に商品企画、マネジメント業務に従事。 その後、ストレスが社会問題化する中、働く人の心の健康を支援するため、EAP業界にキャリアチェンジし、2011年にメンタルプラス株式会社を設立。 現在、職場のメンタルヘルス対策、ハラスメント防止を支援する専門家として、カウンセラーとして活動する傍ら、 2500回以上の講演・研修実績があり、受講者は10万人を超える。 企業を中心に、警視庁、日本体育大学等で講師実績があり、東京消防庁消防学校で講師を務めている。 現場主義に徹し、健康で安心して働ける職場づくりを総合的に支援している。 主な著書に『最新パワハラ対策完全ガイド』『パワハラをなくす教科書』 『仕事のストレスをなくす睡眠の教科書』(いずれも方丈社)がある。
タイトルヨミ
カナ:ロウムカンリシャヒツドク テレワークジダイノココロノケアマネジメントーテレワーカーガカカエルジュウダイリスクトソノタイサク
ローマ字:roumukanrishahitsudoku terewaakujidainokokoronokeamanejimentooterewaakaagakakaerujuudairisukutosonotaisaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉山成 
大蔵財務協会:樫田明 増尾裕之 
みすず書房:ロラン・バルト 三好郁朗 
コロナ社:電子情報通信学会 益一哉 天川修平 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。