近刊検索 デルタ

2020年5月25日発売

ライツ社

DRAG QUEEN-No Light , No Queen-

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
世界中の民族を収めたベスト作品集『HEROES』から2年……。
ヨシダナギの新境地となる作品の被写体は「ドラァグ・クイーン」

「Dress as a girl」略して「Drag」。
一般的に女装する男性をさす。
女性の性をモチーフとして自己表現へと昇華する彼女たちは世界各国に存在し、
近年ではLGBTQに属する男性だけでなく女性のドラァグクイーンも誕生するなど、
アンダーグラウンドカルチャーという枠を超える表現者として注目を浴びている。

「自分とちがう人ほど、かっこいい」
「言葉にできない美しさと強烈な存在感は、民族を見た時に感じたのと、ある種同質だった」

ドラァグ・クイーンのその美しい立ち姿に呼応し、ヨシダナギがその感受性と色彩感覚を爆発させた、
現代社会における人間の多様性を世界へ示唆する一冊。

「No Light , No Queen.人生はドラマで、できている。
歓喜と挫折の狭間で生きる、美しくもたくましいクイーンたちへ今、眩しいほどのスポットライトを」

【ヨシダナギからのコメント】
自分とちがう人ほど、おもしろい。かっこいい。幼少期からそう思ってきました。
世界中の先住民族や少数民族に会い、撮影してきたのは、そんな想いがずっと心の中にあったからです。
なぜ、あの人たちはこんなにも堂々と美しく、妖艶なのだろう。
今回被写体にドラァグ・クイーンを選んだのも、私と異なる彼女たちへのそんな興味でした。
そして、実際にニューヨークとパリで出会った彼女たちの立ち姿には、言葉にできない美しさと強烈な存在感がありました。
それは民族を見た時に感じたのと、ある種同質であり、複雑な歴史や自負を両肩に背負い受け入れた人間だけが発するものでした。
それらをこの作品集におさめることができていたらと思っています。
いろいろと暗いニュースが多いこの頃ですが、彼らのドラマ性溢れる魅力とパワーを感じて、少しだけ皆さまにも元気になっていただければ幸いです。
目次
【作品集の内容と仕様】
・ニューヨークとパリでの撮り下ろした全57カットを収録
・ドラァグ・クイーンたちの名言、ヨシダナギが語る制作秘話2000字超えのあとがきも収録
・サイズは、A4ノビ(縦225mm横300mm)の大型版
・印刷は、京都の老舗美術印刷会社サンエムカラー協力のもと、日本最高峰の「8K印刷」を採用
・製本は、新日本製本による、180度開く「上製本キャラコ巻き」
・題字は、京都のデザイン集団「UMMM」北原の制作による、ヨシダナギ・オリジナルタイプフェイス「YOSHIDA FONT」を使用
著者略歴
ヨシダ ナギ(ヨシダナギ yoshidanagi)
1986年生まれ フォトグラファー 。 2009年より単身アフリカへ。以来、独学で写真を学び、 アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮影、発表。 唯一無二の色彩と直感的な生き方が評価され、2017年には日経ビジネス誌で「次代を創る100人」、雑誌PEN「Penクリエイター・アワード 2017」へ選出、「講談社出版文化賞」写真賞を受賞。 2020年には世界中のドラァグクイーンを被写体とした作品集 「DRAGQUEEN -No Light , No Queen-」を発表。 近年は、阿寒湖イコロシアター「ロストカムイ」キービジュアル撮影、山形県「ものつくり」プロモーションのムービーディレクション、タヒチ航空のプロモーションビジュアル撮影など国内外での撮影やディレクションなどを多く手がける。
タイトルヨミ
カナ:ドラァグクイーン ノーライト ノークイーン
ローマ字:doraァgukuiin nooraito nookuiin

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
経済産業調査会:吉田親司 
シーエムシー出版:寺尾啓二 池田宰 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。