近刊検索 デルタ

2020年1月15日発売

金木犀舎

クソババァごめんなさい 暴言の強い自閉症児の子育て18年

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「クソババァ!」と怒鳴っては、すぐに「お母さんごめんなさい」、「こんなこと言いたくなかった」と泣いて謝ることを繰り返す自閉症児・ナナ。
あまり取り上げられませんが、「暴言」は数多くある自閉症の特性のひとつです。
どうやって育ててゆけばいいのか悩みながら、ひとつひとつ「明るく、笑いながら」乗り越えてきた母親とその家族の記録。

絵が得意なナナが描く、父・スーの沖縄方言ダジャレ炸裂の4コママンガを巻末カラーで30本掲載。
目次
診断
祈る姿
未知の小学校
入学初日から校内放送に大パニック
聴覚過敏ー太鼓の音はキレイな音
暴言のはじまり
なぜ暴言を吐くのか?
暴言ごと抱きしめる
叩いてしまう
がまんするトレーニング
ひとりで登校できた日
ひとりで帰れた日
きょうだいたち
無視されたつらい日々
普通学級に籍を置かせていた理由
中学生だから
友だちに救われた1年間
転校
勉強させる工夫
受験勉強
とうとう高校受験
高校生活
社会への巣立ち
おかげ様
自閉症とは
 ・五感が過敏(もしくは鈍感)
 ・自閉症の3つの特徴
 ・その他の特性 

巻末カラー 4コママンガ
『うぅたいのーし』
 作・あらがきナナ
 ダジャレ考案・あらがきスー(父)
著者略歴
あらがき さより(アラガキ サヨリ aragaki sayori)
1963年生まれ。沖縄女子短期大学卒業。4年間の保育士を経て、文化書道学会の師範として書道教室を開くかたわら、小・中学校の読み聞かせボランティアに参加している。自閉症の末娘・那奈の暴言に悩みながら、4人の子どもを育てる。沖縄県在住。
タイトルヨミ
カナ:クソババァゴメンナサイ ボウゲンノツヨイジヘイショウジノコソダテジュウハチネン
ローマ字:kusobabaァgomennasai bougennotsuyoijiheishoujinokosodatejuuhachinen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

金木犀舎の既刊から
松永典子/編著 施光恒/著 波潟剛/著 S.M.D.T.Rambukpitiya/著
旅するワークブック編集部/著

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。