近刊検索 デルタ

2023年12月8日発売

サウザンブックス社

出版社名ヨミ:サウザンブックスシャ

ハイブリッド・イノベーション イノベーションの障壁を リモートワークで乗り越える!

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
いつでもどこでもだれとでも
新しい時代のイノベーションメソッド

多様な働き方が浸透したパンデミック後の世界。
いま、リモートワークとオフィスワーク、それぞれの長所を生かす「ハイブリッド」な形のイノベーションが求められている。対面で行う手法との違いは何か? 成功のカギはどこにあるのか?
25のオンラインツールの選び方とともに徹底的に具体例を挙げて解説する。
さあ、最新の指南書を携えてイノベーション創出の旅路へ踏み出そう。

本書では、効果的なデジタル協働のツール、テクニック、手法、ルールを紹介し、
みなさんが仕事や組織にオンラインでもイノベーションを起こせるようになることを目指す。
つまりは100%オンライン、またはハイブリッド・イノベーションのための実践的なハウツー本だ。
巻末にはデジタルツール25個とイノベーション手法10種類をわかりやすく網羅して解説しているので、
概要をひと目で掴み、自分のイノベーションの旅路にふさわしいものを選べるだろう。
目次
■ハイブリッド型のイノベーションとは →1章、2章へ
■どのシーンでどのツールをどう使うのか →3章、4章へ
■リモートワークとオフィスワーク、双方が参加しやすい環境づくり →5章、6章
■プロジェクト期間別のイノベーションの進め方 →7章、8章、9章、10章
■リモートワークとオフィスワーク、双方の利点を整理 →11章
著者略歴
ハイス・ファン・ウルフェン(ハイス ファン ウルフェン haisu fan urufen)
1960年生まれ。イノベーションの世界的権威。科学的に効果が実証され、全世界で導入されているイノベーションの開始手段FORTHイノベーションメソッドの生みの親でもある。3冊目の著作『The Innovation Maze(イノベーションの迷路)』は、オランダでマネジメント分野の年間最優秀書籍に選出された。33万人のフォロワーがいるリンクトインのインフルエンサーでもあるファン・ウルフェンは、イノベーションとデザイン思考の講演者として世界中をまわり、実践的な手法で優れたイノベーターの育成をサポートしている。 www.gijsvanwulfen.com
高崎拓哉(タカサキ タクヤ takasaki takuya)
翻訳者。書籍とスポーツの翻訳を手がける。訳書に『イノベーションの迷路』(サウザンブックス社)、『UX デザイン100の原則』『脳のしくみとユーザー体験』(BNN)、『新型コロナはどこから来たのか』(ハーパーコリンズ・ジャパン)、『成功する人の仕事のやり方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『虎とバット』(ダイヤモンド社)など。
三宅泰世(ミヤケ タイセイ miyake taisei)
西村祐哉(ニシムラ ユウヤ nishimura yuuya)
山本 伸(ヤマモト シン yamamoto shin)
タイトルヨミ
カナ:ハイブリッド・イノベーション
ローマ字:haiburiddo・inobeeshon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。