近刊検索 デルタ

2022年2月18日発売

ふらい人書房

出版社名ヨミ:フライビトショボウ

火星でフライフィッシングをするつもり?

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本邦初の女性フライフィッシャーによる釣りエッセイ集。力の抜けたちょっぴりシュールなイラストと共に、女性にとっての釣りの楽しみを、細やかに、軽やかに、鮮やかな筆致で、余すところなく伝えます。
「釣り」は長い間、男性の趣味とされてきました。しかしながらようやく、ここに「フライフィッシングは力を必要としないこと、繊細なフライを巻くこと、美しい自然と魚に触れ合えることなど、女性にこそ向いている」と主張する、アウトドア新時代の女性が現れたのです。「フライフィッシングに興味はあるけど何となく(かなり)敷居が高い」と感じていた女性は、本書を読めば「フライフィッシングって、こんなに楽しいものだったんだ! 」と驚くに違いありません。
「よく、男性は狩猟本能が備わっているから釣りが好きなのだとか言われているが、私が考えるに、女は女の釣りの楽しみ方を自分で身に着けなければ続かないのだと思う。釣果至上主義の体育会系のノリには、女性は付いていきたいと思わないのだ」——本文「アングラーズ・アイドル」より。
女性が感じる釣りの面白さとは、一体どういう種類のものなのか。女性の釣り人の目に、男性の釣り人はどう映っているのか。本書にはこれまで女性の口から漏れてこなかった、そんな秘密のささやき、呟き、叫びがあふれています。本邦初のこの貴重な機会を逃さず、フライフィッシングに興味を持つ女性だけでなく、男性釣り師も、女性釣り師の生の声を是非聞いてみてください(特に男性釣り師には『アングラーズ・アイドル』と『アダムスとイブ』を読んでいただきたい! )。
目次
1.車寝(シャネ)ルの女
2.ソロキャンプ洗礼
3.河童と火星人
4.白鷺七変化
5.フライ女子の一人言
6.アダムスとイブ
著者略歴
山田 美緒(ヤマダ ミオ yamada mio)
宮城県出身、在住。大手アウトドア企業に勤務。2012年よりフライフィッシングを始め、全国各地の魚と酒を求めて旅をする。2016年に釣り雑誌で執筆を開始。釣り業界で希少な女性ライターとなる。本書が初の著書。
浅里 まゆみ(アサリ マユミ asari mayumi)
美術学校を中退後、イラストレーションを中心にアート全般の仕事に携わる。生物の観察に始まったフライフィッシング歴は20年ほど。著書に絵本「いわな 川と森の生きものたち」「やまめとさくらます」(ポトス出版)など。
タイトルヨミ
カナ:カセイデフライフィッシングヲスルツモリ
ローマ字:kaseidefuraifisshinguosurutsumori

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

山田 美緒 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
フォト・パブリッシング:寺本光照 
ふらんす堂:種谷良二 
NHK出版:オカズデザイン NHK出版 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。