近刊検索 デルタ

2022年7月18日発売

静人舎

出版社名ヨミ:セイジンシャ

命のかぎり

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
十八歳で奥飛驒の高校を出て上京するとき、「自分でいいと思う道を歩け」と告げた母の言葉を胸に故郷を後にした私。「道」を探しあぐねている私が立ち寄った書店で、たまたま手にした文学雑誌で読んだのが佐藤春夫の短編小説「友情」だった。不思議な奇縁で佐藤春夫に師事するも、作家ではなく新聞記者への道に進み世界を渡り歩くことになる。記者時代に母から送られてきたひらがなの「手紙」を読み、自らの人生を振り返る「命のかぎり」。
 若き日に一瞬出会い過ぎ去った女性からの手紙に、思い返す「あの日」のこと。
二通の手紙に導かれるように来し方を振り返り綴られた2篇の私小説。
目次
命のかぎり
老女
著者略歴
砂原 和雄(スナハラ カズオ sunahara kazuo)
1938年、岐阜県飛騨市生まれ。上京してまもなく佐藤春夫に出会い、学生のころ度々訪問する。産経新聞論説委員、清水建設社長室、明海大学講師を経て、文筆活動に専念。日本記者クラブ会員、日本エッセイスト・クラブ会員。 〔著書〕 『日本銀行物語 日銀マンの光と影』(1979年、泰流社)、『ザ・バンク 最先端を拓く三和マン』(1983年、産経新聞社)、『炎の森へ』(2008年、日本経済新聞出版)、『魂の刻』(2018 年、静人舎)、『夢、遙か』(2019年、静人舎)
タイトルヨミ
カナ:イノチノカギリ
ローマ字:inochinokagiri

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

砂原 和雄 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
河出書房新社:米本浩二 
SBクリエイティブ:千羽十訊 ミュシャ 
牧歌舎:飯田廣恒 
信山社出版:佐藤裁也 
KADOKAWA:七星ドミノ 縞 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。