近刊検索 デルタ

2019年5月16日発売

洪水企画

安曇野慕情 歌集

歌集
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
著者の青柳幸秀は昭和8年生まれ、長野県安曇野市在住、ぱにあ所属。2013年に出た第一歌集『安曇野に生きて』以降の478首を収める。帯文の紹介に「産土の安曇野に聳える常念岳を畏敬の父、豊かな大地を母のごとくに慕い、農業一途に生きる日々から湧き出る歌は感謝と慈愛に満ちている。幼少時からの自称、悪童丸の無垢な肉体と精神に沁み着いた、戦中、戦後の父母たちと共有した艱難辛苦の悪夢は生涯不滅。昭和一桁生まれの男子ならではの人生の哀歓が熱く、胸を連打して止まない。(秋元千惠子)」とある通り、農業一筋の生活から迸り出てくる歌群が大半を占め、地に立ち苦難の道を歩む一人の男の人生行路をつんざく咆哮がどの歌からも聞こえてくる。山々に囲まれた地での自然との対話もこの歌集の魅力の一つ。大戦を偲ぶ歌も多く、戦争の災禍に思いを馳せる心情の激しさを痛切に感じる。
目次
一章 俺のふるさと
有明山
春の入り口
明日咲く花
ひなげし
その昔
花曼珠沙華
真昼の月
麦の潮騒
みどりの絨毯
祖のふるさと
祖父の写真

二章 縄文人の血
ピンコロ地蔵
マリオネット
落ち穂拾ひ
納屋隅
三年日記
砂時計
野沢菜
紋白蝶
空に鳥啼く
秋桜
暖簾
アルプスの空
ゼブラゾーン
悪童丸

三章 寂しき方へ
足しのばせて
五線紙
托鉢
影法師
世捨人
貝殻と人間
自販機
道祖神
よだれ掛け

四章 遠野の風
幽界の扉
風の音叉
古都つれづれ
春の雨
秋の本番
地球の磁場
霜の結晶
拾ケ堰
ニースの海
遠野の風

五章 あるな再び
さよなら昭和
みかどの笑顔
明治の気骨
 〜あるな再び〜
原爆忌
特攻兵
夏草の中
英霊
人間の業
絹の白妙


跋文/秋元千惠子

あとがき
著者略歴
青栁 幸秀(アオヤギ ユキヒデ)
昭和8年10月21日 長野県南安曇野郡烏川村に 生まれる(現安曇野市) 昭和20年4月 長野県南安曇野農学校入学(のち 長野県南安曇野農業高等学校となる) 昭和27年3月 長野県南安曇野農業高等学校卒業 以後農業一途に従事 昭和35年 歌誌「露草」に入会 平成18年 長野県歌人連盟幹事 平成20年 長野県短歌大会に於いて県芸術文化協 会賞受賞 平成21年 短歌文芸誌「ぱにあ」入会、同人 平成24年 松本市芸術文化祭市民文芸展短歌選者 平成25年 第一歌集『安曇野に生きて』刊行 平成28年 「ぱにあ」編集委員になる

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

洪水企画の既刊から
青栁幸秀/著
平野晴子/著
洪水企画/編集
本日のピックアップ
日経BP:増田智明 
第一法規:能見善久 加藤新太郎 
共立出版:MoranCerf ManuelGarcia-Garcia 福島誠 ほか

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。