近刊検索 デルタ

2019年7月12日発売

五月書房新社

増補改訂版 ポホヨラの調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
曲名を増補、北欧音楽史略年表付で 「増補改訂版」 として 復刊!
指揮したからこそわかる“ポホヨラ(北)の響き"の真髄! !

北欧音楽の第一人者として国内外で活躍する指揮者が、シベリウス、ニルセンほか数々の北欧作曲家の有名曲から知られざる名曲まで、その魅力を伝える。
北欧中心に演奏活動をしている著者ならではの視点やエピソードも豊富。
北欧作曲家200人のリスト付き。
目次
はじめに(旧版のまえがき)
増補改訂版にあたって

I.シベリウスの7つの交響曲
II.シベリウスの主な管弦楽器
III.ゲーゼからニルセンへ
IV.ポホヨラの調べを受け継ぐ者たち

あとがき
参考文献

巻末リスト
北欧の作曲家200人
北欧音楽史略年表
著者略歴
新田 ユリ(ニッタ ユリ nitta yuri)
国立音楽大学、桐朋学園大学ディブロマコースで学ぶ。尾高忠明・秋山和慶・小澤征爾・小松一彦の各氏に師事。第40回ブザンソン国際青年指摺者コンクールファイナリスト、第9回東京国際音楽コンクール( 指揮)第2位。2000年より1年間文化庁芸術家在外研修生としてフィンランド・ラハティ交響楽団にてオスモ・ヴァンスカに師事。 以来日本とフィンランドを拠点として北欧の楽団、音楽祭に客演を続ける。日本シベリウス協会会長。 2019年、常任指揮者をつとめる愛知室内オーケストを率いて同楽団初の海外(フィンランド)公演にのぞむ
タイトルヨミ
カナ:ゾウホカイテイバン ポホヨラノシラベ
ローマ字:zouhokaiteiban pohoyoranoshirabe

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
信山社出版:結城忠 
技術評論社:横田一輝 
第一法規:成澤紀美 藤井総 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。