近刊検索 デルタ

2023年1月27日発売

五月書房新社

出版社名ヨミ:ゴガツショボウシンシャ

アマゾンに鉄道を作る 大成建設秘録 電気がないから幸せだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
 1985~6年、大成建設6人衆+1名(派遣労働者の筆者)が南米の小国ボリビアのアマゾン流域の僻地に降り立った。災害でずたずたにされたODA鉄道復旧工事。
 次々と起こる予想外のトラブル、鉄道を飲みこむ大自然の脅威、週に1度脱線する列車、ラテンの恋愛、労働者の死、労働者たちの反目とストライキ、日本人内、ボリビア人内の分裂、貨幣経済の浸透による変わり行く村、コカインの売人の流入、そして技術者たちの矜持。
 文明と文明、男と女、人と人、国と国、企業と企業、被支配と支配の構造――それら様々な利害の衝突を乗り越えて、果たして鉄道工事は完成するのか? そして援助が去ったあとの村は?
 筆者は22年後に現場を訪れ驚きの事実を知る。
 大規模援助の現場を描いた唯一無二の作品である。
 
目次
第一部 アマゾンに鉄道を作る
序章  居場所なし
第1章 憤怒の風
第2章 不穏な空気 
第3章 ラテンの恋愛
第4章 労働組合
第5章 アマゾンに死す
第6章 ストライキ
第7章 解雇の時
第8章 コカインを取り締まる
第9章 アマゾンの食

第二部 大成建設六人衆が経験したアマゾン鉄道建設
第10章 名乗り出る者
第11章 現場を知らずしていい仕事はできない
第12章 あの仕事はほんと面白かった
第13章 イラクに比べればボリビアは最高にいい国だった
第14章 ラパスの迷宮

第三部 文明の炎に焼かれたチョチス
第15章 二二年振りの再訪
第16章 アマゾンのピカレスク
第17章 苦い再会
    
おわりに
著者略歴
風樹 茂(カザキ シゲル kazaki shigeru)
本名は黒田健司。1956 年北海道生まれ。東京外国語大学スペイン語学科卒業。メキシコベラクルス大学国費留学。中南米への専門商社退社後、ボリビアアマゾン流域でのODAの鉄道建設事業(大成建設)に参画。プロジェクト終了後、中南米、ヨーロッパ、アジアを放浪。帰国後、シンクタンクや研究所にて首相向け政策提言の作成、海外投資と援助の立案、プロジェクト評価、投資計画の立案を行う。その後、作家に転身し、夕刊フジなどでサラリーマン向けコラムを持つ。2008 年より、プラント業界に参画。ベネズエラ、カタールに駐在。40 か国を踏査。2016 年に帰国し、現在は途上国向けテロ対策の援助に従事している。著書に『ホームレス入門(角川文庫、山と溪谷社)、『今日、ホームレスに戻ることにした』(彩図社)、『リストラ起業家物語』(角川新書)、『ラテンの秘伝書』(東洋経済新社)、『ホームレス人生講座』『東京ドヤ街盛衰記』(中公新書ラクレ)、『それでもパパは生きることにした』(青春出版)などがある。
杉原 修(スギハラ オサム sugihara osamu)
タイトルヨミ
カナ:アマゾンニテツドウヲツクル タイセイケンセツヒロク デンキガナイカラシアワセダッタ
ローマ字:amazonnitetsudouotsukuru taiseikensetsuhiroku denkiganaikarashiawasedatta

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

五月書房新社の既刊から
米田倫康/著 杉原修/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
成文堂:長谷川貞之 
風媒社:溝口常俊 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
講談社:講談社 杉山勝巳 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。