近刊検索 デルタ

2020年1月14日発売

能美舎

白鳥になった王子

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
全国で活躍する新進気鋭の切り絵作家・早川鉄兵の作品を初の書籍化。豊かな自然と野生動物の生き生きとした姿をユーモア溢れる構図で切り取る早川の作品は、全ての世代の心に響く。物語は古事記を題材にした作家の創作。「ある国の王子は、山の神に決闘を挑もうと北の山へ向かうが、先々で出会う動物たちに思い留まるよう説得される。聞く耳を持たない王子は…」。シカやキツネ、クマなど次々に登場する動物たちの姿がとても繊細且つ愛らしく、子どもも大人も何度でも繰り返し開きたくなるとっておきの絵本。
目次
白鳥になった王子
著者略歴
早川鉄兵(ハヤカワテッペイ hayakawateppei)
1982年、石川県金沢市生まれ。切り絵作家。幼い頃、母親と一緒に切り紙遊びをしたことをきっかけに切り絵を始める。滋賀県米原市の山里を拠点に、日々出会う自然や野生動物の姿を伸びやかに描く。精密な切り絵作品にとどまらず、大掛かりなインスタレーションやライトアップを手がけるなど、新しい切り絵表現の可能性を模索している。
タイトルヨミ
カナ:ハクチョウニナッタオウジ
ローマ字:hakuchouninattaouji

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。


連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。