近刊検索 デルタ

2021年3月4日発売

駒草出版

原発亡国論 3.11と東京電力と私

3.11と東京電力と私
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
事故から10年が経った現在でも、福島第一原子力発電所の事故原因は解明されていません。この事故が津波ではなく地震によるものだった可能性があるからです。事故原因す解明されていないにもかかわらず、どうして原発を再稼働することができるのでしょうか? 経済効率のために絶対に人類が共存できない核廃棄物を生み続けて良いのでしょうか? これはわたしたちの生存権にかかわる問題です。たんなる理想主義ではなく、具体的/現実的な脱原発の方法を示した、最良の手引書です。
目次
序章 「原発再稼働」という過ちから立ち戻るために
いま、私たち日本人のセンスが問われている
第1章「3.11」を経験しても『自分さえよければいい』日本人
第2章「東京電力」で 津波を想定することはタブーだった
第3章 元原発エンジニアである「私」が 反原発の旗を振る理由
第4章「私」の反原発興国論とその実践
著者略歴
木村 俊雄(キムラ トシオ kimura toshio)
1964年秋田県生まれ。元東京電力福島第一原発エンジニア。東電学園高等部を卒業後、東京電力に入社。福島第一原子力発電所では、原子炉の燃料設計やプラントの運転管理、各種検査などを長きにわたって担当する。在職中に原発の危険性に気づき、2000年に退職するとともに反原発運動の旗手となる。2005年1月に発行されたミニコミ誌上にて、福島第一原発が津波の来襲を受けた場合、非常用を含めて全電源を喪失し、メルトダウンを引き起こす可能性に言及していたことで、「福島第一原発事故を予見した唯一の人物」として、国内外のメディアから一躍注目を集める存在となる。事故後に高知県土佐清水市に移住し、オフグリッド生活を実践しながら、原発再稼働の危険性に警鐘を鳴らし続けている。著書に『電気がなくても、人は死なない。元東電原子炉設計者が教える愉しい「減電ライフ」』(洋泉社)がある。
タイトルヨミ
カナ:ゲンパツボウコクロン
ローマ字:genpatsuboukokuron

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
ポプラ社:増山実 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。