近刊検索 デルタ

2019年5月25日発売

行舟文化

知能犯之罠

官僚謀殺シリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
中国ミステリ作家・紫金陳『官僚謀殺』シリーズ 邦訳第一弾『知能犯之罠』
・本格派×社会派 両立する傑作!
・全てを欺く犯人の罠! ! 真の狙いとは?!
・現在中国の社会システムをあざ笑う「殺人トリック」の数々
・戦慄の官僚連続殺人を描いたミステリ
・生き生きと描かれた警察官僚の行動や思考から、中国独特の犯罪捜査や解決方法が見えてくる。

「十五人の局長を殺し、足りなければ課長も殺す」――殺された公安局副局長の死体の傍らには、そんな“予告状"が残されていた。警察幹部が殺害され、拳銃が奪われる大事件。しかし、当初は誇大妄想的な衝動犯の犯行とみなされ、解決は容易と思われていた。だが、捜査が進むにつれ犯人は、警察の人海戦術の弱点や科学捜査の限界、そして防犯カメラネットワーク「天網」の盲点すら熟知して周到な計画を練り上げていたことが明らかになる。そして予告通り起こる、第二、第三の殺人。
 暗礁に乗り上げた捜査を立て直すべく、指揮官の高棟は学生時代の旧友・徐策に協力を乞う。徐は数理論理学の天才と称され、アメリカに渡って心理学に転身、論理的思考のエキスパートとして成功したバンカーだ。
「友達のためだと思って、事件を分析してみてくれないか?」
 だが、高棟は知らなかった。徐策こそが、一連の事件の真犯人であることを。
 そして高棟は、現代中国の社会システムそのものを嘲笑うかのような、恐るべき徐策の「殺人トリック」に直面することとなる……。
 実際の事件に着想を得た、官僚連続殺人事件をリアルかつスリリングに描く、「官僚謀殺」シリーズ第一弾!
目次
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
終章
訳者あとがき―― 防犯カメラが鳥瞰する中国社会
著者略歴
紫金陳(シキンチン shikinchin)
中国の名門大学の一つ、浙江大学卒業。2007年にデビュー。十数作品の小説を発表している人気作家。代表作の『官僚謀殺』及び『推理の王』シリーズは、人々の琴線に触れるストーリー展開に加え、社会問題に深く鋭く切り込み、周到な謀殺計画とその遂行をスリリングに描いた作品で、独特なスタイルのミステリーになっている。現在、多くの作品の映像化が予定されている。
阿井幸作(アイコウサク aikousaku)
北海学園大学卒業。中国北京市の中国人民大学に語学留学してから今日まで北京市暮らし。留学中に中国のミステリー小説などに興味を持ったことがきっかけで、今はライターや翻訳者としても活動中。訳書に九把刀『あの頃、君を追いかけた』(泉京鹿と共訳・講談社)
タイトルヨミ
カナ:チノウハンノワナ
ローマ字:chinouhannowana

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

行舟文化の既刊から
千澤のり子/著 花芽宮るる/装画
芦辺拓/著/文 影山徹/装画 えのころ工房/挿絵
ポール・アルテ/著、画 平岡敦/訳
ポール・アルテ/著、画 平岡敦/訳
紫金陳/著 阿井幸作/訳
もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る


連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。